友達作れは子供を追い詰める言葉

 ♪1年生になったら 1年生になったら
   ともだち100人 できるかな
   100人で 食べたいな 富士山の上で おにぎりを
   パックン パックン パックンと♪
   有名な歌、「1年生になったら」。

 この歌には、前々から人数が合わないんじゃないかとツッコミが入っている。
 自分プラスともだち100人なら、富士山の上でおにぎりを食べるのは101人じゃないと合わないというわけである。
 
 まあ、そんなことはいいとして、世の中では友達がたくさんいることはいいことだとされている。だから、われわれ大人も、中学校に入ったら、高校に入ったら、新しい友達を作れとついつい言ってしまう。

 だが、落ち着いて考えてみれば、友達は作るものではなく、自然になるものである。つまり、「友達づくり」という行為は存在しないのだ。存在しない行為を若者に求めてはいけない。

 友達がいれば楽しいこともあるが、逆に面倒なこともある。単なる知り合い程度だったら、何かに誘われても何かを頼まれても簡単に断れるが、友達からだと断りにくい。
 その点、友達の少ない私は、人間関係に悩むことがない。友達が少ないことにもちゃんとメリットがあるのだ。

 友達をたくさん作れというのは、子供たちを追い詰める言葉かもしれない。
 友達が多いか少ないかなんて、声がデカいか小さいかの違い程度であって、性格やら人間性まで問われるようなものではない。

 「ボク、○○クンとお友達になったんだ」
 「そうか、そいつは良かった。仲良くやれよ」

 この程度の話だ。

コメント

コメントの投稿