商業科だけど英検全員受験の浦和商業

 毎年5月恒例の専門学科を訪ねるシリーズ。
 (詳細は「よみうり進学メディア6月号]に掲載予定)

 今日の訪問校は創立90年の伝統を誇る浦和商業だ。

 私の事務所は浦和駅近くにあるので、毎日、浦和一女、浦和麗明、浦和商業の生徒の登下校風景を見ている。
 かつての浦和商業の生徒は、自転車の二人乗りはするし、飲み食いしつつ大声で喋りながら歩いているし、お世辞にもお上品とは言えなかったが、最近はどうも様相が変わってきており、女子のスカートの長さも極端なミニもとんと見かけなくなった。

 何があったんだ、浦商。
 ということで、気になっていたことを確かめたいというのもあって、今回の訪問となった。

 なるほど。落ち着いた雰囲気だ。古い校舎だが清潔に保たれている。ゴミも落ちていない。物も壊れていない。校舎内外にくつろぎのスペースがあったりする。
 環境が人を育てるというが、限られた予算の中で、学びの環境づくりに腐心してきた様子が、随所に垣間見える。

 聞けば、梶校長は今年で在任5年目だという。在任期間2~3年が当たり前という昨今、異例の長期政権と言える。
 時間をかけ、ソフトな改革を続けてきた結果が、いまようやく実を結んできたということか。
 
 授業をのぞいてみる。
 さすが商業科・情報処理科の学校だけにパソコンなどはしっかり配備されている。
 専門科目は少人数クラスで行われているが、欲を言えば、複数教員によるダブル、トリプルティーチングを頻繁に行いたいところだろう。だが、生徒たちは、資格取得という明確な目標があるためか、実に真剣に取り組んでいる。

 資格と言えば、英検全員受験という方針をかかげていることは意外だった。
 「簿記も国際基準の時代なんですよ」
 そう言われれば、その通りだ。

 帰り際、校外に出て行こうとする男子生徒2人発見。
 はて? 早退でもするのか。
 「こんな時間にどこ行くの?」
 「はい、これから大会の抽選会に行きます」
 「何部?」
 「ボート部です」
 関東大会やインターハイにも出場する強豪部活だけに、受け答えもしっかりしているじゃないか。ガンバレよ。

 浦和商業04
 緑豊かな校内。管理も大変そうだ。

 浦和商業01
 パソコンたくさん。

 浦和商業02
 特別に屋上に上がらせてもらう。武蔵野線・埼京線の武蔵浦和駅がすぐ目の前。

 浦和商業03
 北側には浦和駅が間近に見える。「浦和・高台・二駅利用」、ぜいたくな立地だ。


コメント

コメントの投稿