中学生に伝えることの難しさ

 今日は戸田市立戸田中学校での講演。
 30分という短いような長いような微妙な時間枠の中で、夏休みの学習から学校選択問題さらには最新情報まで話してほしいというオーダーなので、私としては非常に難易度の高い講演だった。

 この中で、公立入試に関する情報(県からの公式情報)は、すべて出そろっているという話をした。
 1 入試日程(28年5月発表済み)
 2 学力検査の出題方針
 3 学校選択問題実施校
 4 入試募集人員
 5 選抜実施要領・要項
 6 各校の選抜基準
 7 29年度学力検査の分析
 昨年までだと募集人員が10月にならないと発表されなかったが、今年はこれも発表済みだから、あとは2回実施される志望校調査の結果を注意するぐらいだろう。
 公立入試は意外とシンプルなのだ。

 むしろ分かりにくいのは私立の方だ。
 試験日程のことや、コースごとの成績基準の違いのことや、単願・併願の仕組みの違いのことなど、各校異なるので情報収集と理解に苦労する。
 だから受験生や保護者がよく分からないと言っているのは、どちらかと言うと私立入試の方だろう。公立は一度理解すれば、あとはどこでも同じだ。

 受験生や保護者は、分かりづらいことは嫌いだ。私も嫌いだ。
 私立が受験生や保護者に細かく配慮して、いろいろな制度を工夫していることはよく知っている。しかし、もしかしたら、その親切が仇になって志望者を減らしているかもしれない。
 テレビで「細かすぎて伝わらない~」という番組があったが、私立募集担当の先生方は、そのあたりをもう一度、考えられたらいいと思う。

 それと、中学生にものを伝えるのは、何といっても中学校の先生や塾の先生がその道のプロだ。そういう方々に正確に理解してもらうことが、結果として中学生の正しい理解につながるのだろう。

 今日も、中学生にものを伝えることの難しさを痛感した一日だった。

コメント

コメントの投稿