ついに青短も募集停止へ

 かつて「青短(あおたん)」と呼ばれ、超人気校だった青山学院女子短期大学が、2019年度から学生募集を停止するそうだ。
 大学進学志向の高まりの中で、そう言えばまだあったんだというくらい短大の影は薄くなっていたから、これも時代の流れと言うべきだろう。

 気になって少し調べてみたが、今春、埼玉県内の公私立高校を卒業した生徒のうち、短大に進学したのは約2500人だった。
 大学進学者 約3万人
 専門学校進学者 約9800人
 就職者 約8000人
 短大進学者 約2500人
 こう並べてみると、短大進学者は今や少数派だ。

 手元に15年前のデータがあったので、それを見ると、当時は短大進学者が4300人もいた。卒業生数が今よりだいぶ多かったこともあるが、それにしても激しい減り方だ。これでは短大の存続が難しくなるのも無理はない。

 古い記憶をたどってみると、たしか私が幼いころの会社員の定年は55歳だった。平均寿命がようやく60歳を超え65歳にとどくかどうかという時代の話だ。(自分が就職する時分には60歳になっていたが)
 いまは平均寿命も伸び、会社員の定年も65歳までとなっているので、まあ、そんなに急いで世の中に出なくてもということで、猫も杓子も大学に進み、さらにはそれほど学問に興味があるというわけではないのに大学院まで進む。

 学生時代が長くなった分だけ、余計に知識を得、技術を習得しているかというと、それが案外そうでもなく、昔は2年でやっていたことを4年かけてやっているようなところもあり、金だけは2倍、3倍かかっているから、そのあたりが大問題である。

コメント

短期大学

30年前に短期大学を卒業した私としては、短期大学の閉校は、寂しいものがあります。

早く社会に出て就職して、これ以上親に金銭面で迷惑をかけたくないという思いから、2年間という短い期間ではありましたが、必死で勉強しました。短大は当時六本木にあり、神奈川から1時間半かけて通っていた私には、都会がまぶしく感じたものです。

でも、朝は8時半から1限開始、最後の講義は6時終了だったので、行きは前の晩のゴミがたくさんある通りを歩き、晩は何やら誘惑の多い通りを歩きつつ、帰っていったものです。

その短期大学は、幼稚園からあり、エスカレーター式に進学してきた同級生もいました。

私は高校までずっと公立だったので、受験を経験していない人の、のびのびとした物の考え方に驚きました。学業は今ひとつでも、ずっと続けている趣味を極めている人、実家が本屋さんで、とにかく文学には詳しい人などなど、とにかく個性豊かな人がたくさんいました。

また、教授方も一貫して「短期大学は学問の基礎を固めて、より深く学びたいと思わせるところであり、多くの出会いをもたらす場所である」とおっしゃっていて、密度の濃い授業をしてくださいました。そういった素晴らしい大人との出会い、友との出会いが現在までの自分に大きな影響を与えていると思います。

もし4年制大学へ進学していたら、また違う人生だったかもしれませんが、本当に密度の濃い2年間だったと思います。

短大が少なくなる昨今に思うことは、どの学生さんも、出会い、出合いを大切に日々送って欲しいということです。

長文失礼しました。

コメントの投稿