こっちの命がかかってるんだから、そっちも命がけでやってくれ

 ここ数週間の政党や政治家の動きを見ていると、かれらは選挙に当選するためには何でもやるのだということを改めて感じるのである。

 政党間の連携も協力も、各個人の入党、離党の動きもすべては選挙のためだ。
 公約だってそう。
 どんなに美しい公約だって、選挙目当てなのだから、後になって本当にやってくれるかどうかの保証はない。

 こういう選挙目当ての行動や言動は、当然ながら非難されるのだが、当選して議員にならなければ、何も実行できないわけだし、それ以前に無職になってしまい、生活すらおぼつかないかもしれない。
 中には代々の資産家もいるだろうし、副業で食っていける人もいるだろうし、後援者が面倒みてくれる場合もあるかもしれない。でも、よく言われるように「落選すればただの人」になってしまうのだ。

 だから私は、「そいつは筋が通らんぞ」とか、「今まで言ってきたことと違うじゃねえか」と思う点が多々ありながらも、選挙のためなら手段を選ばないかれらの行動には、比較的寛容なのである。
 むしろ、そのぐらいのしぶとさがないと、政治家には向かないんじゃないかとさえ思っている。

 これは私だけの感覚かもしれないが、前民進党の代表である蓮舫氏が今一つ信用できなかったのは、二重国籍とかそういうことではなく、「この人は戻る場所があるよな」という印象が最後まで抜けなかったからだ。
 前大阪市長の橋下徹氏もタレントに戻った。元宮崎県知事の東国原英夫氏も同様。
 本籍は芸能界にあって、政界で箔をつけて元の場所に戻る。
 人の生き方にいちいち文句をつけても始まらないが、どうも、そういう人に全面的に政治を託す気にはなれないなというのが正直な気持ちだ。

 主義主張はもちろん大事だが、「こいつ本当に命がけで政治をやろうとしているのか」、「こいつ退路を断って挑んでいるのか」を重視したい。もし、そういうことが分かれば、党派に関わらず応援しようと思っているんだが、これがなかなか分からないんだな。

 こっち(国民)の命と生活がかかっているんだから、そっち(候補者)も命がけでやってくれよ。

コメント

コメントの投稿