作文は特定の誰かに向けて書く

 長くブログを書き続けていると、「今日はこれといって書くことないな」という日もある。ただ、自分で毎日書くと決めてしまったので、何かしら書かなくてはいけない。
 さて、どうする。

 これ自体は仕事ではないので、そんなに時間はかけられない。
 そんな場合のとっておきの手段は、知っている特定の誰かに向けて書くという技だ。

 本来どなたが読者であるか分からないブログであるが、「ブログ読んでます」と言ってくれる人もいるので、少しずつ分かってくる。そこで、その中の特定の誰かに向けて書く。今日はAさん、明日はBさんとテーマごとに相手を替えて書く。手紙を書くように。

 以前、知り合いが「ブログとか書くと炎上するときがあるじゃないですか。それが怖くて」とか心配してたので、「バーカ、オマエのブログが炎上するわけねえだろう。注目されている人だから炎上するんだよ」と言ってやった。
 プロの物書きでもなく、有名人でもない私たちに、見ず知らずの大勢に読んでもらえる文章なんて書けるわけがない。

 特定の誰かに向けて書く。
 だが、不思議なもので、知り合いに向かって書いていても、長く続けていると、知り合いじゃない人も少しずつ読んでくれるようになるみたいだ。
 たった一人であっても、「ふむふむ、その通りだな」と納得してくれるような文章を書ければ、世の中には結構似た考えの人がいるので、次第に輪が広がって行く。

 私が中学生に作文の書き方を指導するとき、「ふだん教わっている先生に向かって書くといいよ」という話をする。
 入試の作文を実際に読むのは、高校の先生だ。でも、どんな人か分からない。相手が分からない文章というのは書きにくいものだ。
 そこで、「そうか、そうか」、「なるほど、それで?」と読んでくれる身近な先生に向けて書く。そういう人、一人ぐらいいるよね。
 小学校低学年がやる「先生、あのね」の延長だ。

 読書について。友情について。高齢化社会について。
 そんなこと聞かれてもな。私だって困るよ。
 そこで、特定の誰かを思い浮かべて、その人に聞いてもらうつもりで書く。そうすると結構スムーズに書ける。
 ぜひ試してみてほしい。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード