正智深谷高校と仏教の話

 新聞取材のため正智深谷(しょうちふかや)高校へ。

 学校の駐車場に車を入れようとしたら、向こうから男子生徒の一団がやって来た。近くのグランドで体育の授業があり、その帰りのようだ。われわれは、生徒をやり過ごしてからと車を停めて待とうとした。すると、一人の男子生徒が他の生徒を制した上で、「お先にどうぞ」のサインを送ってきた。その動作が実にカッコいい。というだけでなく、実に手慣れている。たぶん常日頃からそのようにしているのだろう。いい風景だな。

 スポーツの盛んな学校である。
 男子バスケ、男女バレー、女子卓球、サッカー、ラグビーなど全国出場のクラブが目白押し。
 学業の方も、今年は久しぶりに東大合格が出るなど確実に結果を出している。

 この学校が、いわゆる仏教系の学校であることは意外に知られていない。
 校訓は浄土宗開祖・法然上人の教えに基づく「選択(せんちゃく)」「専修(せんじゅ)」。「選択」は正しいものを選びとること。「専修」はひたすらに打ち込むこと。
 全国の仏教系学校の中には、信徒の子弟を教育するためにつくられた学校もあるが、この学校はそこまで宗教色は強くない。あくまでも教育のバックボーンに仏教精神を置いているということである。

 とは言え、代々僧籍を持った方が校長を務めることが普通だったこの学校で、民間企業出身の加藤慎也・現校長は異色の存在である。
 その加藤校長。今年の夏一念発起し京都の本山で3週間にわたる厳しい修行をおこなってきたという。
 「日頃生徒たちに仏教や仏教精神について語っているが、自分自身、本当にその真髄を理解しているのだろうか」
 ずっとそんな思いがあったそうだ。

 自身の修行が本当に学校のため、生徒のためになるのかという迷いもあった。多忙な校長が1か月近く学校を空けていいものかという現実的な悩みもあった。しかし、決断し実行した。
 ご本人も立派だと思うが、送り出した学園側や先生方も立派だと思う。

 数学や英語を教えるだけが教師ではない。教師はその存在自体が教育である。
 途中で辞めた私が言っても説得力に欠けるが、そういうものだと思う。
 加藤校長から、教師としての、いや、人としての在り方・生き方の素晴らしいお手本を見せてもらったと思う。

 念のため。今日の取材目的は同校の進路指導について聞くことであった。

コメント

コメントの投稿