一人で勉強している時がもっとも伸び率が高い

 私は孤独に強い方である。
 がしかし、これは単に人づきあいが悪く友達がいないというだけの話だ。

 他人とのコミュニケーションは大事だが、孤独な空間と、そこにおける孤独な時間もまた大事である。
 孤独な空間と時間に耐えられるのも一つの能力なのではないか。
 そして、学力を伸ばすには、この能力が欠かせないのではないかというのが今日のテーマである。

 学校でみんなと一緒に勉強しました。
 塾でもみんなと一緒に勉強しました。
 以上、これが今日の私の勉強のすべてです。

 一人になる時間がない。
 一人になって、自分と向き合うことがない。

自分A「オマエさ、今日先生が言ったことホントに分かってるの?」
自分B「当たり前じゃないか」
自分A「じゃあ、この問題解いてみな」
自分B「めんどくせーな。分かってるよ」
自分A「そんなこと言って、やっぱり分ってないんだ。自信がないんだ」
自分B「そんなことないって言ってるだろう」
自分A「だったら、やって見せろよ」
自分B「しょうがないな。やってやるよ」

 自分Aは「先生」と入れ替えることができる。「友達」と入れ替えてもいい。が、毎日毎日、リアルにこんな会話は交わせない。先生や友達は、四六時中自分だけに関わってはくれない。
 
 一人になって、自分の中にもう一人の自分を生み出して、対話する。

 内面世界の二人、時には三人が、「今日は数学やっといたほうがいいよな」、「公式、逆にたどって証明できるかな」、「作文練習しとこうぜ」、「ここ入試に出そうだよな」と、ああでもないこうでもない。
 おそらく、学力の伸び率がもっとも高いのはこの瞬間である。

 外から取り込んだ知識や情報は、それ自体では価値を持たない。また、臨機応変使いこなすことはできない。
 内面で加工する。頭の中で整理し、分析し、発展させる。
 それで初めて自分の力となる。
 そうした作業をするためには、周りから邪魔されない一人になる時間が必要だ。

 とまあ、回りくどい言い方をしてきたが、昔から言われている「自学自習」がどれほど大事かという話である。

コメント

No title

これは全くもって同感です。塾へ通うとそれだけで勉強したつもりになってしまいます。自慢じゃないですけど私、中二の二学期それで成績が爆下げになりました(ショボーン)。親からはお金払ってんのはあたしたちなんだからね!と怒られましたが、おかげで3年になってからは神妙に先生のおっしゃる自学自習に打ち込み、却って成績を伸ばすことができました。

伸び

伸びる、突き抜ける状態になるには、その前に地道な時期、キツイ時期を経てたどり着くことが多いように思います。
中学生の時に先生が呪文のように言っていた
あの英文法の覚え方、人にはとても言えないような下ネタで覚えた公式、などなど、苦労してできるようになったものなどは何十年も経っても覚えているものです。

受験生の方は、これからが伸びる時期だと思うので、周りの言うことは聞いても、流されずに、自分の感覚も大事に頑張って欲しいです。とにかく、しっかり食べて寝る時間作って、体調管理も自学自習の大事な一部ですから。

ところで、2019年度?の埼玉県公立高校入試に追加試験が行われるとニュースで知りました。

まだ詳しく知りませんが、なんか甘くないかー?かえって不公平じゃないのかー?少数に配慮しすぎじゃないの?
と疑問が沸き起こります。
どうなんでしょうかね。


コメントの投稿