サッカーもラグビーも駅伝も、冬はみんな昌平

 サッカーで昌平高校が2回目の全国選手権出場を決めた。
 昨日はラグビー部が花園(全国選手権)初出場を決めたし、その前には、女子駅伝が全国高校駅伝初出場を決めている。
 バスケット部ももう一息だった。
 勉強の方も、3年連続で東大合格を出しているし、文武において昌平の勢いは止まらない。

 サッカーは昨年インターハイで全国3位に入っているし、2年連続してJリーガーを輩出しているから、今回は全国制覇を期待したい。
 埼玉代表は全国選手権で過去12回優勝している。市立浦和4回、浦和3回、浦和南3回、浦和西1回、武南1回。埼玉代表の最後の優勝は、1981年の武南までさかのぼる。1992年を最後にベスト4もない。

 ラグビーは、1990年に熊谷工業が全国優勝、1999年に埼工大深谷(現・正智深谷)が準優勝という記録があるが、こちらも2004年の正智深谷ベスト4以後、全国での活躍が見られない。いきなり優勝は無理でもベスト8、ベスト4の声を聞いてみたい。

 女子駅伝は、かつて1995年~1997年にかけて埼玉栄が全国3連覇という偉業を達成したが、その後は埼玉栄による8位以内入賞が3回あっただけで、振るわない。テレビ中継にも映らない。昨年の本庄東は30位だった。

 夏の甲子園で花咲徳栄が全国優勝をしているだけに、埼玉県民としては、どうしても期待値が高くなってしまう。
 だが、今日のサッカーを見ても、選手たちは出場を決めて狂喜乱舞という姿ではなかった。全国での戦いを見据えているのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード