部員が多い学校ほど強い(サッカー部員数調査)

 昨日、高校サッカーの埼玉県予選決勝を見ていて思った。
 「強い学校は、部員も大勢いるな」

 では、早速データを収集してみよう。
 気になったことは調べてみる。これは性分だな。

 埼玉県高等学校体育連盟が発行する「高体連」という冊子がある(非売品)。これの平成28年度版で各校の部員数を調べてみた。28年度版だから去年の数字ということになるが、だいたいの規模感は分かるだろう。
 
 次に、今年度の大会結果を調べてみた。(夏)はインターハイ予選、(冬)は、昨日決勝戦が行われた全国選手権埼玉大会である。
 
1位 浦和東 227人 (夏)ベスト8(冬)ベスト4
2位 西武台 185人 (夏)ベスト4(冬)ベスト8
3位 昌平  184人 (夏)優勝(冬)優勝
4位 武南  174人 (夏)ベスト8(冬)ベスト4
5位 埼玉栄 171人 (夏)ベスト8(冬)ベスト8
6位 大宮東 168人
7位 埼玉平成153人
8位 正智深谷148人 (夏)ベスト8(冬)ベスト8
9位 浦和南 143人
10位 浦和西 136人 (夏)準優勝 (冬)準優勝
11位 浦和学院132人 (夏)ベスト4 (冬)ベスト8
12位 南稜  131人
13位 熊谷  128人
14位 大宮南 124人
15位 市立浦和122人
16位 伊奈学園122人
17位 武蔵越生121人
18位 越谷西 118人
19位 東京成徳大深谷118人
20位 川口北 110人

 部員数が去年の数字で、大会結果が今年のものという点が気に入らないが、かなりきれいに結果が出た。
 昨日の決勝戦に出た両校は、やはり大所帯だった。
 そこで結論。
 「ベスト8以上に進出する学校は、すべて部員数の多い学校である」

 それにしても、どこも多過ぎじゃないかと思ったが、全国選手権(本大会)の大会要項を見たら、登録30人まで、ベンチ入り20人とあった。
 そうすると、各学年30人前後、3学年合計で100人を超える学校があったとしても、それほど極端な数字とは言えないかもしれない。

 部員が多いから強い。いや、強いから部員が集まってくるのだ。
 いろいろ考え方があろうが、やっぱり「数は力」というのは本当みたいだ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード