「死ね」が溢れる世の中で、「命の大切さ」を教えろってか

 ふざけんなよ。
 そう思うのは、「死ね」の濫用のことだ。

 「保育園落ちた、日本死ね」。こんなのを国会で声高に叫ぶ議員がいた。流行語大賞の候補にも選ばれた。
 つい最近は、日本維新の会・足立康史議員が「朝日新聞、死ね」とやった。(後日、足立議員は「万死に値する」と訂正したようである)
 「安倍に言いたい。 お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」(山口二郎氏)なんていうのもあった。

 保育園の件にしろ、朝日新聞の件にしろ、言いたいことは分かる。主義主張に同調するかどうかは別として、それぞれに背景や経緯があることは理解できるということだ。
 しかし、言うに事欠いて、いい大人達が「死ね」とは何事だ。

 子供たちは、確実に真似するぞ。いや、もうとっくに真似している。

 で、何だって? 学校で「命の大切さ」を教えろだと。
 大人同士が、「オマエは死ね」、「そっちこそ死ね」と罵り合っていて、子供には、「滅多なことで、『死ね』なんて言葉を使ってはダメよ」と教えろっていうのか。冗談言っちゃいけないよ。オマエラが先に改めろって話だ。

 教養ある大人たちなら、「死ね」だの「殺す」だの用いずとも、いくらでも表現を持っているだろう。
 子供たちが言葉として「死ね」、「殺せ」を使ったからといって、ただちにそれを実行に移すというものではないが、日常的に軽々と使わせていいとは思わない。

 論戦結構。批判結構。
 でも、言葉は選べよ。
 「オマエもな」
 そう、私もだ。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード