年をとると新語・流行語を使わなくなるものだ

 今年もユーキャン新語・流行語大賞が発表された。
 年間大賞に選ばれたのは「忖度」と「インスタ映え」。まともじゃないか。
 だが、「忖度」はともかく、「インスタ映え」は、われわれ年寄りは使わんな。

 珈琲店で。
 私「コーヒーとスフレパンケーキ、一応写真撮っとくかな。でも、いまいちインスタ映えせんよな」
 友人「インスタントより旨いだろう」
 私「いや、そういう話じゃなくて…」
 と、こんなかみ合わない会話になる。

 今回、新語・流行語とされた言葉を、このブログでどれだけ使ったかを調べてみた。
 まず年間大賞の「忖度」。
 3件見つかった。
 「インスタ」は2件ほどヒットしたが、「インスタ映え」は0件。

 トップテンに選ばれた言葉では、「プレミアムフライデー」が4件、「〇〇ファースト」が1件。「プレミアムフライデー」には、よほど恨みつらみがあるようだ。
 それ以外の「35億」「Jアラート」「ひふみん」「フェイクニュース」「Jアラート」「睡眠負債」については、知らない言葉はなかったが、ブログでの使用は0件。

 候補に上がった言葉では、「うんこ漢字ドリル」「働き方改革」「アウフヘーベン」が使用されていた。さすがにこのレベルには、聞かれても説明不能な言葉も多かった。

 このブログは、毎日書いているとはいえ、教育や受験がメインテーマなので、まあこんなものかと思う。

 教員だった若いころだったら、世の中で話題になった言葉は、日々の授業などでほとんど使ったと思う。年をとると同じ話ばかりすると言われるが、使う言葉が増えないんだからそうなるだろう。
 逆に言えば、新しい言葉をどんどん取り入れれば、若い人から同じ話ばかりと言われないかもしれない。ただし、これも注意しないと、無理してるとか痛すぎるとか言われるそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード