高校生の飲酒・喫煙、野球部だと面倒な話になる

 高校生が飲酒、喫煙をしたら…
 そりゃあ当然、指導対象だな。自宅謹慎ぐらいかな。停学は処分にあたり調査書などにも記載されるので、将来を考えてなるべく避ける。退学させると、周りに注意する大人がいなくなる可能性が高いから、これもやりたくない。

 高校生の飲酒・喫煙はむろんいけないことに決まってる。だが、反省文書かされて、親も呼び出されて校長先生から説教食らう程度のことだ。

 ところが、この生徒が野球部の部員だと話は面倒だ。
 普通、指導対象になるのは本人だけで、その生徒のクラスメイトや、その生徒が属している部活にまで及ぶことはない。

 野球部はどうか。
 一人の飲酒・喫煙が、部全体に及ぶことがある。
 まあ例えばの話、部の合宿や遠征で、みんなで酒盛りしちゃって、ついでにタバコを吸い回しちゃいました、というような状況なら別だが、野球とは別のところでやらかしても「〇〇高校野球部員が喫煙」となり、高野連とか学生野球協会から、対外試合の禁止といった処分を受ける。
 連帯責任というやつだ。

 連帯責任の是非については、いろんな意見があると思うので、それはいったん措いておいて、そもそも生徒の非行を正すのは学校の仕事であり先生の役割である。そこへ、高野連だか学生野球協会だかが、ずかずか入り込んできて勝手に処分を決める。オマエら何様じゃ。と、私はいつも怒っている。「うちの生徒に何するんだよ」。

 高校の野球部の顧問や監督の先生方は、こういうのがおかしいと思わないんだろうか。

 実は、今日は市立川越の話を書こうと思っていた。
 同校は、中学生を練習に参加させていたのが理由で、選抜大会21世紀枠の推薦を辞退した。
 それが何だ。
 と、思ったが、高校野球的には重大な規則違反らしい。
 私にはよく分からん。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード