年老いたので、年賀状廃し人間関係を整理する

 今年は年賀はがきを買っていない。
 出す気がなからだ。

 来年は67歳になる。
 今さら人間関係を広げようという年齢じゃない。維持する必要もない。むしろ縮小すべきなのだ。若い時のように、あっちもこっちも付き合っていたのでは体がもたないし、金も続かない。
 仲間も少しずつ向こうの世界に行き始めていることだし、そろそろ、いろんなものを整理して身軽になろう。

 念を押すが、別に年賀状に意味がないとか、そんなものはやめるべきだと言っているわけではない。私には必要なくなってきたというだけの話だ。私より若い世代の方は、どんどんおやりになればよろしい。
 また、年をとってもまだまだ人間関係を広げたいとか、いろんな活動にチャレンジしたいという方は、その方の人生観なので、私にとやかく言う権利はない。

 こちらが出さなくても向こうから来るのはどうするか。
 数年経てば、「せっかく出しているのに返事すら寄こさないなんて失礼なやつだ」と怒り、出してこなくなるだろう。向こうも何となく惰性で続けていて、むしろ好都合と思ってくれる人もいるかもしれない。
 
 最近は、紙の年賀状ではなくSNSを利用する人がどんどん増えている。
 ラインで来たら、ポチっとスタンプ押して返しておこう。フェイスブックやツイッターは「いいね!」をポチっ。メールもとりあえず返信。あと、ブログはもちろん年中無休。これだけでも十分過ぎる人間関係だ。

コメントの投稿

非公開コメント

年賀状

手紙やはがきや電報しか連絡するすべがなかった頃と比べたら、今の時代は、本当にいろんな手段がありますね。

私は年賀状が大好きです。11月から、今年はどんなイラストにしようか考えたり、これまでのいただいた賀状を読み返したりする時間が多くなります。

もらって嬉しい年賀状は、やはり本人ならではの一言が書いてあるもの。
あとは、お子さんの成長が感じられる写真や家族の近況が記されているものです。
今年は〇〇マラソン走ったよー、なんて一言があると自分も刺激を受けます。

だから、決まり文句とイラスト印刷だけだったら、わざわざ年賀状としてもらわなくてもいいな、と思っています。
SNSを利用した近況報告などの方が、嬉しいかもしれませんね。
main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード