FC2ブログ

勇気を持って最初に行動する人

 どう考えたって、そのほうがいいよね。それで、まったく問題ないよね。
 元日休業の話である。

 たしかに初詣に出かけたときなんかは、コンビニ、ファミレス、コーヒーショップなどが開いていないと困りそうだ。トイレとかも寄りたいし。
 だが、正月が書き入れ時という神社仏閣とその周辺を別とすれば、元日ぐらい休んだって、どうってことはない。

 どこかが大晦日終夜営業を始める。元日も休まず営業となる。結構儲かる。他社も追随する。いつの間にかそれが当たり前となる。もう止められない。世の中こういうケースがあふれている。

 私が関係する教育業界もそうだ。
 特に生徒募集関係。
 学校でも塾でも、「そろそろ見直そうよ」、「もういい加減やめようよ」と、皆が思っていることがいくらでもある。でも、「うちだけ止めるわけにはいかないよね」となって、結局ズルズルと続ける。
 「他のところは皆やってますよ。なんでオタクだけやらないんですか」というお客さんの声ほど恐ろしいものはないのである。

 「誰か先に止めてくれないかな。でも、自分はその誰かにはなりたくないな」、「だって、そんなことしたら自分だけ不利になるかもしれない」。
 その通りだ。

 みんなで一斉に止めることにすれば、こうした不安からは逃れられる。
 では、どうするか。
 たとえば、公立学校だったら県教委や市教委が規制をかける。私立学校だったら中高協会などで協定を結ぶ。「学校説明会の開催は年何回まで」、「外部フェアへの参加は年何回まで」、「塾訪問は何月以降」みたいな形で、時期・回数・内容・方法について、しばりをかけて行くのだ。

 しかし、こうしたやり方に頼ることは、短期的にはそれなりの効果を発揮するとしても、長期で見れば自分で自分の手足を縛る結果となり、自由な活動が阻害されるので避けたほうがいい。

 というわけで私は、勇気を持って最初に行動する人の出現を待っているのである。


※予告
2018年元日から、当ブログのブログタイトルを変更します。
「UPテストの理事長ブログ」から「梅野弘之の先生応援ブログ」となります。
引き続き御贔屓のほどお願い申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード