FC2ブログ

外国選手の力を借りて日本人の強化を図る

 テレビを見ると、いや正確にはテレビの番組表を見ると、朝昼のワイドショーでは相撲協会の騒動ばかりやっている。見る人が多いからだろう。

 渦中の貴乃花親方は、かつて人気と実力を兼ね備えた大横綱であったが、2003年に引退しているから、今の若い人は現役時代の雄姿を知るまい。兄の若乃花と共に相撲人気を大いに盛り上げた功労者である。
 だがそれ以降、今年稀勢の里が横綱になるまで、武蔵丸・朝青龍・白鵬・日馬富士・鶴竜と外国出身横綱に土俵を席巻され、日本人力士は優勝すらできなかった。

 相撲界の失敗は、外国人力士の活躍に依存し、その間、日本人力士のスカウトと育成強化を怠ってきたことにある。外国人を自らスカウトしてきて、その人気と実力をあてにしてきたのは相撲界自身なのであるから、モンゴル人を悪役に仕立てるのはお門違いと言うべきだ。「オマエラ、それに乗っかって、いい思いしてきただろう」という話だ。

 今やどのスポーツ分野でも、外国人の指導者や選手を呼んで来て強化を図るのは当たり前になってきた。日本国内で、日本人同士、勝った負けたとやる時代は、とうの昔に終わっているのである。
 しかし、外国人の力で強化が成功し、人気が高まっている間に、日本人の指導者・選手の育成強化を図らないといけない。

 1990年前後だったと思うが、駅伝の山梨学院大学が外国人留学生の活躍で旋風を巻き起こした。高校では仙台育英が留学生の活躍で一躍強豪校となった。
 以後、高校・大学・実業団の各チームはケニアなどアフリカ勢の力を借りるのが普通のことになり、最近では、走る人数や走る区間を制限しているような状態だ。かれらが、あまりにも強すぎるからだ。それにしても、遠い異国から呼んでおいて「走っちゃダメ」みたいなのは、どうなんだろう。

 偶然かどうか、留学生ランナーが活躍し始めた1990年以降、日本のマラソン界は衰退の一途を辿っている。オリンピックのメダルは、2000年シドニーの高橋尚子、2004年のアテネの野口みずきの金メダル以来遠ざかっている。男子はもっとひどく、1992年バルセロナにおける森下広一の銀メダルが最後だ。
 留学生を呼ぶことが、日本人選手の強化につながってない。

 私は、たとえば箱根駅伝で留学生だけの混成チームが出て、そこがぶっちぎりで優勝したって「そんなんじゃ、つまらない」、とは思わない。世界で戦うには、それに勝たなきゃダメなんだから、日本人頑張れよと思うだけだ。

 せっかく外国から強い人や優秀な指導者を呼んだんだから、かれらの力を借りて、日本人の育成強化を図ろうよ。
 相撲界も、いい加減そこに気づけよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード