弁天様より98歳のお婆ちゃんの方がご利益ありそうだ

 今日の話は、結果として昨日の続きのような形になりそうだ。

 1月3日は、「谷中七福神めぐり」の日と決めている。今年で11年目。
 風が強かった。そのせいか、いつもより人出も少なく、どこも待たずに参拝できた。唯一行列ができていたのが、上野不忍池の弁財天。ここだけ参拝という人も多いのだろう。
 
 順番待ちをしながら、何となくすぐ後ろの三人連れと会話になる。老夫婦ともう一人、小柄なお婆ちゃん。年寄りの私から見ても完ぺきなお婆ちゃんだが、聞けば大正8年生まれというではないか。西暦1919年。現在98歳で、今年中には99歳となる。
 杖はついていたが、自分の足で歩き、階段もスタスタ昇って行く。この年で、どこにでも自分の足で行けるなんて、なんてハッピーなんだ。会話もしっかりしている。

 こうなると、どうしても聞いてみたくなる。
 「お元気の秘密は何なんですか?」
 答え。
 「何にもやってないんですよ。何にも考えてません」

 よく聞く答えだ。ご長寿の人に尋ねると、みんな、このように言う。
 もしかしたら秘密を隠してる? そんなはずはない。だって、隠したって意味ないじゃないか。
 謙遜? それもありそう。「こんな努力してきました」っていうのは、何か自慢話みたいだし。

 しかし、最近思うのは、「何にもやってないんですよ」は、結構本音なんじゃないかということだ。
 暴飲暴食しないとか、好き嫌いしないとか、早寝早起きするとか、毎日歩くとか、何かやってる。やってるけど本人に努力の自覚がない。だから、他人から問われれば、何も特別なことはしていない、となる。全部、努力なしには出来ないことなんだけどね。

 努力とは苦しいもの。努力とは辛いもの。
 話はどうしてもそっちに向かってしまうが、「努力とは楽しいもの」なのかもしれない。楽しいことや好きなことばかりやっているというのは、努力とは正反対の方向に向かっているようでいて、案外、それこそが本当の意味での努力になっている。

 私は、弁天様を拝みに来て、思わず小柄な98歳のお婆ちゃんを拝んでしまったよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード