「はれのひ」の社名に象徴的な着物業界の問題点

 着物レンタル業者が夜逃げしてしまった。
 「はれのひ」事件。以前の「てるみくらぶ」を思い出す。

 途方に暮れた被害者?を、同業者やボランティアの着付け師が助けたという。これはホッとするニュースだ。その力、その技術があれば、私もそうしただろう。

 成人式に出ることをあきらめてしまった子もいるようだ。ショックが大きいのは分かるが、着物の品評会じゃないんだから、スーツでも普段着でも、式には出ろよ。と、私が親ならそう言っただろう。

 晴れ着の購入やレンタル契約の時期は、2年前なんていうのは当たり前だ。各業者が、少しでも早く顧客を取り込もうとした結果である。料金を割引するほか、写真撮影、当日の着付け、ヘアメイクなどに特典を付け、早期契約をねらう。「はれのひ」は、この顧客獲得競争に負けたのか。

 着物業界の問題点は、「はれのひ」という社名に象徴的に現れている。
 着物を晴れの日にしか着ないものにしてしまった。七五三、成人式、卒業式、結婚式。

 時代は変わる、ファッションも変わる。世の中が変わったんだから仕方ないじゃないかと言えばもっともらしいが、着物の日常化ということを、おそらく考えてこなかった。為に、業界は衰退の一途を辿っている。

 消費者が人生で1回か2回しか購入しないものを売るには、高級化路線を突き進むしかなく、それでますます、市場を狭めて行く。
 利益を増すにはコスト削減しなければならず、外国産の糸を使い、外国の安い労働力を使って生産するようになり、着物がメイドインジャパンではなくなった。長い目でみれば、これも業界衰退の原因だ。

 京都に行けば、街中にレンタル着物店があふれている。外国人観光客も大喜びだ。しかし、旅行客、観光客に着せるというのでは、「はれのひ」の発想から一歩も出ていない。

 残念な事件であるが、「はれのひ」の発想から抜け出すには、いいチャンスかもしれない。と、着物業界にまったく素人の私は、そんな感想を持ったのである。

 追記。
 以前、ある女子大に「会社訪問に着物で行かせたらどうか。訪問着っていうくらいだし。インパクト抜群だと思うけど」と提案したが、一笑に付されたことを思い出した。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード