FC2ブログ

今日から中学入試、埼玉県内私立

 例年1月10日は埼玉県内私立中学校の入試解禁日である。
 現在、県内には私立中学校が30校あるが、ほとんどの学校がこの日入試を行う。首都圏では一番早い日程で行われるため、県外生が腕試しや、本番の予行演習として受験するケースも多い。

 今朝は早起きして(と言っても午前5時半だけど)、春日部共栄中学校の入試を見てきた。第1回目となる今日は、午前入試と午後入試がある。両方受ける受験生もいるが、午前は他校を受け、午後から春日部共栄、逆に午前は春日部共栄、午後から他校という受験生もいる。連戦は疲れるだろうね。

 午前入試の結果は、今日の19時、午後入試の結果は22時にインターネットで発表される。高校入試に比べ受験者数が少ないとはいえ、すぐに採点して選抜して発表というのは、大した早業だ。

 出願は当日でもオーケーというのも中学入試ならではだ。中学入試は調査書など関係なく、基本、学力検査一発勝負だから、こんなことも可能になる。

 以上、塾の先生や私立の先生にとっては常識中の常識だが、春日部共栄に限らず、県内私立の多くは、このような入試を行っているのである。

 受験機会を増やせば(入試回数を増やせば)、各校とも見た目の受験生は増えるわけだが、同じ受験生が複数校を受け回っているだけなので、肝心な入学者は増えない。
 ここが、埼玉県内私立中学校の大きな課題であり、新たな市場の掘り起こしが急務なのである。


※お知らせ
 本日(平成30年1月10日)、埼玉新聞に「高校入試対策特集」が4ページにわたって掲載されました(9面~12面)。特集部分は別刷りの形で県内全公立中学校3年生に無料配布されます。

 埼玉新聞(平成30年1月10日)01
 埼玉新聞(平成30年1月10日)04

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード