引き続き、進路希望状況調査について調べてみた

 進路希望状況調査結果(12月15日現在)についての続報。

 希望者実人数に注目してみた。
 次の学校は、募集人員が40人減となる主な学校である。希望者の実人数が前年と同じであれば、募集減となった分だけ倍率が上がるわけである。

 左側が前年同期、右側が今年。
 浦和一女 541人→450人  1.36倍→1.26倍
 浦和西  684人→742人  1.72倍→2.07倍
 大宮   586人→576人  1.64倍→1.81倍 普通科のデータ
 春日部  418人→412人  1.05倍→1.15倍
 川口北  489人→511人  1.23倍→1.43倍
 越谷北  508人→510人  1.42倍→1.60倍 普通科のデータ

 この6校の中では、唯一浦和一女だけが倍率を下げている。約490人の希望者がいれば、前年同期並みの倍率となったはずだが、実際は450人であったため、倍率が下がってしまった。どうした浦和一女!
 
 浦和西は、希望者実人数が58人増えたため、40人減の分と合わせて2倍を超す高倍率となった。
 大宮・春日部・川口北・越谷北は、希望者実人数は、ほぼ前年並みだが、40人減の分だけ倍率が上がっている。なお、春日部の場合、実際の出願時には、隣接県協定による県外(千葉県)からの受験者が加わるため、倍率はこの数字より上がると予想される。

 次の学校は、募集人員が40人増となる主な学校である。希望者の実人数が前年と同じであれば、募集増となった分だけ倍率が下がるわけである。

 左側が前年同期、右側が今年。
 川越    533人→527人  1.49倍→1.33倍
 川越女子 560人→542人  1.56倍→1.37倍
 蕨     721人→500人   2.27倍→1.40倍 普通科のデータ
 大宮北  472人→384人   1.69倍→1.20倍
 
 川越・川越女子は、希望者の実人数は、ほぼ前年並みであるから、倍率の低下は40人増の分と考えていいだろう。蕨は、前年同期の希望者721人、倍率2.27倍がちょっと高過ぎたと言えるが、この時期1.40倍というのは、この学校としてはやや低すぎる数字である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード