倍率は気になるが、自己ベスト更新を考えたほうがいい

 埼玉県公立高校入試。
 今日から願書提出(出願)だ。今日、明日の2日間あるが、1日目に出願する受験生が多い。
 倍率の速報は、「彩の国さいたま公立高校ナビゲーション」で閲覧できる(19日18時30分以降)。

 パソコンからはコチラ

 携帯からはコチラ

 
 受験生にとって倍率は気になるものである。
 しかし、これまで2回にわたる希望校調査や、過去の倍率をみれば、だいたいの倍率は予想できるわけで、あっと驚くような結果にはならんだろう。

 学力検査まで、あと10日。
 想定した倍率より数パーセント高かったり低かったりしても、それによって戦い方が変わるわけでもあるまい。だいいち、そんなにたくさんの作戦を持っている受験生がいるはずもない。

 倍率にかかわらず、自分の戦いをするのみである。

 自己ベストを叩き出せ。

 この期に及んで、「○○高校は何点取れば合格できますか」なんて言っている受験生がいるが、そんなの終わってみなきゃ分からんよ。当の高校の先生だって、採点して集計してみてはじめて分かることだ。
 まあ、強いて言えば500点取ることだな。それならほぼ間違いない。

 模擬試験をいっぱい受けてきただろう。
 悪い時もあれば、良い時もあった。
 その中で、一番良い時よりも、さらに高い得点、すなわち自己ベストを目指そう。
 もしかしたら、他の受験生がそれ以上の得点をたたき出すかもしれない。が、他人の得点はコントロールできないから、それは致し方ない。

 倍率のことでああだこうだと思い悩むのは、はっきり言って時間の無駄だ。そんなことを考えている時間があったら、どうやったら自己ベストが出せるかを考えたほうがいい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード