倍率トップの新・川口市立を今さらだが考えてみる

 引き続き、昨日発表された埼玉県公立高校入試の志願者数の話題。

 普通科の倍率トップは、新規開校の川口市立(普通科文理スポーツコース=定員120人)、専門学科の倍率トップは、同じく川口市立(理数科=定員40人)。
 ということで、今のところ2冠達成。普通科の方も1.61倍と高倍率。

 今さらだが、新・川口市立高校開校の経緯を簡単に振り返ってみよう。
〇市立高校同士の統合は初のケース
もっとも、市立高校を持つのは、さいたま市、川口市、川越市という県下3大都市だけなので、過去にこのようなケースがあるわけがない。
〇3校の統合も初のケース
 2校の統合(統廃合)というケースは、これまでにも多くあったが、3校まとめては例がない。
〇人気校同士の統合も初のケース
 人気校には「?」がつくかもしれないが、旧・市立川口にしても川口総合にしても、地元では一定の人気を保ってきた学校だ。これまで埼玉県で行われてきた統合は、定員割れ校同士とか、定員割れ校とそれより少しはましな学校との統合がほとんどだったが、募集困難校ではない学校同士の統合は初のケースである。
〇募集停止を経ない統合も初のケース
 これまでの統合は、どちらか一方の募集を停止し、停止したほうの学校の生徒が全員卒業してからの統合だった。だから、早い話、一緒になるのではなく、一方を廃校にして、一方を残したのである。ところが今回は、旧3校の現1・2年生は、そのまま新校の2・3年生になる。即部活強くなりそう。

 そもそもなぜ統合するの?
 という話だが、これは川口市の現在及び将来の財政を考えてのことだ。3校をこのまま維持するより、1校にまとめた方が経費(特に人件費)の節減になる。
 総工費約200億円と言われる「公立高校離れした豪華新校舎」には驚くが、一度作れば40年50年は持つわけで、一時は大きな負担となるが、長い目でみれば、ちゃんと帳尻は合うということだ。

 話を志願者数に戻す。

 募集困難校ではなく、旧3校それぞれが一定数の受験生を集める力を持っていたのだから、はなから定員割れなどとは無縁なのである。そこに持ってきて、「公立高校離れした豪華新校舎」である。人気が出るわけだ。
 さらに、理数科の設置、入学後の選抜による「特進コース」設置など話題が盛りだくさん。また、理数科を設置したからには、スーパーサイエンスハイスクール指定校を目指すと思われる。

 というわけで人気沸騰となったわけだが、普通科文理スポーツコースの方は、「部活ねらい」の生徒の受け皿ということになるだろう。1次選抜こそ60:40でやや学力検査重視となるが、2次選抜では学力45:調査書45:面接10となり、学力検査の比重が下がる。また、調査書の中でも部活実績の得点比率が高いので、全国に出たとか、県大で入賞したとか、腕に覚えのある受験生は、高倍率にめげず、このままGOでいいだろう。

 一方、理数科や特進含む普通科は、学力重視で一貫しているので、調査書よりも当日の学力検査の勝負だ。

 ここで簡単な数字のまとめをしておこう。
 昨年の旧3校の合計受験者(最終志願者)は810人だった。
 内訳は、市立川口364人、県陽190人、川口総合256人。
 今回の新・川口市立の志願者合計は890人である。
 内訳は、理数科94人、普通科515人、普通科文理スポーツコース281人。

 合計人数で見ると、昨年の旧3校の合計810人よりも80人多い890人が今のところ志願しているわけである。
 問題は、この1割増し(80人)が、どこから回って来たかである。旧3校よりも下位層からなのか、上位層からなのか。
 ふたを開けてみなければ何とも言えないが、下位層がいきなり理数科あるいは特進狙いというのは考えにくいので、ここには、昨年までなら蕨や川口北、場合によっては浦和西あたりを狙っていた生徒がある程度回ってきていると考えるのが自然だ。
 旧3校の中では、旧・市立川口の難易度が一番高かったわけだが、このまま行けば、新・川口市立の合格ラインは、その時と比べ、かなり上昇するだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード