私立の先生方、後はよろしく

 今日は埼玉県公立入試の合格発表。
 正確には「入学許可候補者」の発表だ。
 この後、入学手続きを行い、入学式があり、そこで校長が「入学を許可する」と宣言し、晴れて正式の入学者となる。

 合格発表は毎年見に行くようにしている。
 別にその場に行かなくたって、数量的なデータはいくらでも集まるから分析には困らない。
 だが、私は学者や研究者ではないから、その時間、その場に行って同じ空気を吸うことが大事なのである。

 手を取り抱き合い喜びに沸く親子。これはまあいい。「よかった、よかった」。

 涙をこらえ唇を噛みしめ足早にその場を去ろうとする親子。辛いね。
 私はこの瞬間思う。
 「私立の先生たち、後は頼むぜ」。

 公立不合格者の大半は私立に行くことになろう。
 この子たちは、実力不足、努力不足だったのかもしれないが、合格者と比べはるかに劣っているかというと、そんなことはなく、明日もう1回試験をしたら立場は逆転しているかもしれない、そういう子たちなのだ。

 一日も早く心からの笑顔を見せてほしい。自信と誇りを取り戻してほしい。新しい目標を見つけてほしい。
 これらすべては、私立の先生方の手にかかっている。

 いや、言われなくたって分かっているよ。いつだってそうしているよ。
 そうだろう。

 でも、あの光景を見ると、どうしても言いたくなる。
 このブログをお読みの私立の先生方、「後は頼むぜ」。(←いつもの上から目線)

 2018浦和一女合格発表01
 2018浦和一女合格発表02


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード