FC2ブログ

「老人の取扱説明書」とはふざけたタイトルだが

 老人の取扱説明書
 
 ふざけたタイトルだ。
 「老人の取扱説明書」だと。老人をモノと一緒にするんじゃねえ。

 とか言いながら、思わず手に取ってしまうのだよ。編集者、タイトルの付け方うまいね。
 本の売れ行きはタイトル(書名)で決まる。

 タイトルはふざけているが、著者は眼科医で、中身は至極真面目なものだ。
 私はこの本を、77歳の友人に贈ってやろうと思って購入したのだが、その前にざっと目を通しておこうと読み始めると、まあ、出るわ出るわ、自身に思い当たる現象がこれでもかと紹介されているではないか。

 ―老人が都合の悪い話を聞こえないふりをするのは、本当に聞こえてない可能性がある―
 老人になると高い音が聞き取れなくなるそうだ。若い女性の甲高い声がダメなんだって。
 そう言えば最近、彼女らの会話は、ただの雑音にしか聞こえなくなっている。それでいいけど。

 -名前を思い出せないのは、たくさんの人を知っているからだ―
 そうなんだよ。長く生きてると何千、何万という人に会っているから、それでなかなか思い出せないんだ。知り合いが同級生ぐらしかいないガキどもとは違うんだよ。

 -料理に醤油やソースをガボガボかけるのは、塩味に鈍感になっているからだ―
 老人が若者と同じ味覚を感じるためには、若者の12倍ぐらいの塩分が必要なんだって。こりゃ恐ろしい。
 「最近は、薄味が好みになってねえ」なんて言ってるが、実は、薄味に感じっちゃってるだけかもしれない。気をつけよう。

 老人の不可解な行動や、はた迷惑な行動にも、ちゃんとした医学的な理由があるわけだ。

 この本は、取り扱う側である若い人たちの参考書になると思われるが、取り扱われる側であるわれわれ老人にも大いに役立つものである。

 

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード