FC2ブログ

書名はズバリ、「埼玉県立浦和高校」

 講談社新書 埼玉県立浦和高校

 「埼玉県立浦和高校~人生力を伸ばす浦高の極意~」(佐藤優・杉山剛士著 講談社新書)。
 学校名がそのまま本のタイトル。
 講談社ほどの大出版社になると、本のタイトルで目を惹こうという発想がないものと見える。

 杉山剛士氏は現・浦和高校校長(平成30年3月末で定年退職予定)。
 佐藤優氏は元外交官で作家・評論家、浦高卒業生。
 前半は、佐藤氏が行った在校生向けと、保護者向けの講演がベースになっており、後半は佐藤氏と杉山校長の対談。

 佐藤氏は講演会に呼ばれてるんだね。宇宙飛行士の若田光一氏や、心臓外科医(天皇陛下の手術を執刀)の天野篤氏がOBとして呼ばれるのは分かるが、佐藤氏は外交官時代、鈴木宗男事件にからんで有罪判決(執行猶予付き)を受けている。どこからかクレームつかなかったのか、「犯罪者を呼んでいいのか」という。

 佐藤氏は、「浦和高校のような地方の伝統校には教育上の深い知恵がいろいろと詰まっているのではないかと思うようになり、機会があれば、自分の経験や意見を一冊の書物にまとめてみたいと考えていた」(「はじめに」より)と、その執筆動機を述べている。
 近年は、私立高校の攻勢が激しく、かつてのような絶対的な存在ではなくなってきたが、たしかに教育課程や授業のあり方、先生と生徒の関係性、学校行事や部活動の位置づけなどには、新興勢力にない魅力がある。(私もOBの端くれだから、ひいき目があるけれど)

 世間に伝わっているのは、東大合格者が減って来たとか、その合格者も浪人ばかりだというような大学進学実績の話(数字で表せる話)ばかりで、そこでどんな教育が行われているかは、あまり知られていない。
 その意味で、浦高に限らず公立伝統校を目指そうという受験生には、一読してもらいたい本だ。

 私は、佐藤氏を著書やマスコミでの論説などで知るのみである。率直に言って、その政治的な主張や分析には同意できない部分も多い。
 だが本書は、その主要テーマが「高校時代の生き方・学び方」、「大学受験」、「卒業後の人生」であることからも分かるように、政治色のほとんどない教育論であるから、学校や塾の先生方にもお勧めできる一冊だ。

 
 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード