大学進学を「売り」にするならWEBサイトは更新しないと

 大学実績は、私立高校にとって「売り」の一つである。
 最大の「売り」と言っていいかもしれない。

 さて、そこで。
 「売り」にしている以上は、当然ながらWEBサイトには最新情報(平成30年3月現在)が載っているはずだ。
 という想定の下、埼玉県内全私立高校のWEBサイトを閲覧してみた。

●WEBサイトで大学進学結果の最新情報が見られる学校(五十音順)
 浦和ルーテル学院
 大宮開成
 開智
 開智未来
 春日部共栄
 川越東
 埼玉栄
 栄北
 栄東
 狭山ヶ丘
 城西川越
 昌平
 城北埼玉
 西武文理
 独協埼玉
 花咲徳栄
 武南
 星野
 本庄東
 以上19校(慶応志木・立教新座・早大本庄・東邦第二・武蔵野音大付を除く42校中の45.2%)
 
 予想通りの結果だ。
 世間で進学校と見られている学校でこの19校に入っていないのは浦和明の星女子と淑徳与野ぐらいだろう。

 自他ともに進学校と認める学校が、大学進学の最新情報をいち早く掲載するのは、考えてみれば当たり前のことだ。
 栄北や花咲徳栄は、まだ進学校と呼べるほどの実績は出していないが、それでも真っ先に最新情報を載せている点は評価できるのではないか。これから頑張るぞの宣言と受け取っておこう。

 ところで。
 数ある学校の中には、「いや、うちの学校は、どこの大学に何人入ったかはそんなに重視していませんよ」とか、「その種の数字だけで学校を判断してほしくないですよ」という学校もあるだろう。それはそれで一つの見識だから、尊重しよう。

 ただし、「売り」の一つと考えているなら、速報でも中間発表でもいいから、早く掲載したほうがいい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード