年度改まったのに、まだ去年の説明会日程が出ているようでは

 ホームページがらみの話題が続く。

 学校は、何の目的で、誰に向けて情報発信をしているのか。
 たぶん受験生や保護者と答える人が多いと思う。

 もちろん、在校生・保護者、卒業生、中学校や塾の先生、地域の人々、マスコミといったその学校にとってのステークホルダーを広くカバーすることも必要だが、やはりメインは受験生だろう。

 ということに同意してくれる学校の先生方には、もう年度も改まったのだから、学校説明会の情報ぐらいは更新しておきなさいよと言いたい。
 私はまたもや埼玉県内全私立高校のホームページをチェックした。これで3回目だ。いっぺんにやればよかった。

今年度(平成30年度、2018年度)の学校説明会情報が掲載されているのは、4月12日現在、次のとおりだ。

●今年度の学校説明会等の情報がホームページで見られる学校
 浦和ルーテル学院
 大妻嵐山
 大宮開成
 開智未来
 埼玉栄
 栄東
 狭山ヶ丘
 正智深谷
 西武文理
 花咲徳栄
 本庄東
 立教新座
 早大本庄

 以上13校。少ないね。

 年度の計画は決まっているはずだから、あとはホームページを更新するだけ。大した作業じゃない。
 詳細は後日でも構わないから(随時更新すればいいんだから)、まずは日時だけでも最新のものに更新してほしい。

 それと、注意して欲しいのは年度の表記の仕方だ。大学進学結果などにも言えることだが、よく分からないものが多い。

 これから行われるのは「平成31年度(2019年度)入試」である。平成31年4月入学生を選抜する入試だから、それでいい。パンフレットなども「平成31年版(2019年度版)」と表記しているだろう。
 だが、その入試のために行われる学校説明会等は、「平成30年度中」に行われるから、「平成30年度学校説明会日程」となる。
 これって、受験生には分かりにくい。なにせ初めて受験する子たちだから。

 こういう面倒なことを混乱のないようにスッキリ教えるのは、先生方の一番得意とするところのはずだから、ちょっと工夫をしていただきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード