空振り覚悟で新ネタに挑戦してみる

 昨日は、花咲徳栄高校の入試報告会(塾の先生対象)で講演を行った。

 毎回同じような話になってしまうのだが、そんな中でも何か一つは新ネタを入れようではないかと苦労している。
 だが、新ネタはリスキーである。
 高い評価をもらえる場合もあるが、空振りに終わることもある。

 私が特に意識しているのは、聞き手の皆さんに新しい視点を提供すること。
 元になるデータは同じでも、視点(切り口)を変えてみると、今まで見えなかった新しい発見があるかもしれない。

 準備の段階では、まず仮説を立ててみる。そしてデータを当たってみるわけだが、何の発見もなく、仮説が裏付けられないことも多い。そこでさらに別の仮説を立てデータを集めてみる。ということを何度か繰り返して、ようやく新ネタが完成する。
 が、自分でこれは面白そうだと思っても、前述したように聞き手の反応はサッパリという場合も多い。なかなか難しいものだ。

 昨日の新ネタは、大学合格実績に関して、それぞれの学校のボリュームゾーンはどこにあるかを見てみようではないかということだった。
 各学校は、現役進学率が何パーセントであったとか、東大に何人入ったかとか、国公立や難関私大に何人合格したとかを誇らしげに発表する。
 それ自体悪いことではない。その学校の教育力・指導力を推し量る一つの目安になり得るわけだし、これからもどんどんおやりになればよろしい。

 しかし、たとえば400人の学校で「東大に合格者が1人出ました」といった場合、残りの399人はどうだったの? と聞きたくならないかな。
 うんと出来るグループがどれだけの戦果をあげたかも重要だけど、本格派の進学校だったら、真ん中あたりからやや下のグループでもそれなりの結果を出しているはずだ。

 下のグラフは、平成29年3月の県立浦和の合格数ベスト20大学だ。
 (合格人数ではなく合格件数。現浪の合計)
 これを見ると、やはり埼玉県を代表する進学校だけあって、ベスト20の中に、東大・京大・東工大・一橋、あるいは早慶上智などが入ってくる。トップグループの生徒でなくても、ここに出てくる大学には何とか入れそうだ。(と推測できる)

 平成29年3月 県立浦和における合格数上位20大学
2018県立浦和上位20大学02

 同じことを栄東・開智・大宮開成など私立進学校でやってみた。
 グラフをすべて見せることはできないが、これらの学校は早慶上智が上位に入るところまでは来ている。ただし、難関国公立が上位に来ることはない。
 また、MARCHには大量に合格を出していても早慶上智が攻略し切れていない学校もある。

 私が明らかにしたかったのは、私立がダメだということではない。むしろ逆で、日東駒専あたりなら普通に合格できる学校が増えてきたということなのだが、そのあたりが伝わったかどうか。
 現在、2018年3月のデータを調査中なので、まとまったら報告しよう。

コメントの投稿

非公開コメント

花咲徳栄 入試報告会

梅野弘之様

埼玉県・白岡市の学習塾、アビットの長谷川といいます。
180420は、花咲徳栄での講演会、ありがとうございました。
ここ3年くらい、ためになるお話、助かります。

私立高校の説明会は、いつもブログのネタにするのですが・・・。
今回は、説明会の話に加えて、梅野さんのお話も入れてみました。

この記事↓です。
https://blog.goo.ne.jp/kavid060327/e/ad533dd44a56265f4059eb0889c72d06

埼玉県の私立中学校は、例年、全体で見ると定員割れのようですね。
合格しやすいというメリットがありますが・・・。
国際学院中など、あまりに少なすぎるのは、なんとか増えるといいなあと。

平成30年度入試では、アビットから国際学院中にひとり合格しました。
第一志望に合格したので、進学はしませんでしたが。

埼玉県の私立中学校について、公立小学校への働きかけ・・・。
難しそうですが、意義のある行いだと思います。

6月の浦和の入試フォーラムにも参加する予定です。

梅野さんの講演会、楽しみにしております。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード