塾の先生の朝10時は、学校の先生の朝4時かも

 朝ハンバーガー食って、昼はカツカレー大盛り、夜はスパゲティミートソースで、寝る前にラーメン食うという炭水化物4連発は良くないな。
 その上、酒を飲まないから、その分炭酸飲料飲んで、甘党だからケーキや饅頭も食っちゃう。

 炭水化物・糖質は減らしたほうがいいって言うけど、やっぱり旨さの誘惑に勝てない。

 これで太らない唯一の方法は、消化してしまうこと。
 要は食った分走ればいいんだろ。文句あるか。

 私は「何々が身体にいい」という健康情報に影響されない。そういうの興味がない。身体にいいかどうかより、食って旨いかどうかが優先だ。
 旨くて、なおかつ身体にいいものがあればいいが、世の中はそんなに都合よくできていなくて、大抵は旨いものは身体に悪く、身体にいいものは不味い。

 めったに行かない居酒屋だが、そこで、これは身体にいいとか悪いとか、いちいちメニューをチェックしてるやつがいる。アホか。居酒屋に行ってる時点で身体に悪いんだよ。


 夜が主戦場である塾の先生方の健康管理は難しそうだ。
 学校の先生が、朝7時か8時に仕事スタートとすれば、塾の先生はそこから6時間ぐらい遅れてのスタートになる。
 じゃあ、単純にすべて6時間遅れで生活すりゃいいじゃないかと思うが、たぶんそうは行かないだろう。
 
 仮にこんな生活をしている学校の先生がいたとする。
 起床 6時
 朝食 6時半
 学校 7時半
 帰宅 20時
 夕食 21時
 就寝 23時

 これを6時間ずらすとどうなるか。
 起床 12時 (すでにここからあり得ない)
 朝食 12時半(世間の昼食だな)
 塾  13時半(定時制の先生と同じだ)
 昼食 18時(世間の夕食だな)
 塾終わり 25時(深夜1時ってことね)
 帰宅 26時(草木も眠る丑三つ時)
 夕食 27時(午前3時だから遅めの夜食か早めの朝食)
 就寝 29時(午前5時。世間はもう起きてるよ)

 実際には、塾終わりをもう少し早めて、メシは軽めにして、できるだけ早く就寝を心がけているとは思うが、それにしても大変なことだ。

 私は高校の先生によく、このように言う。
 10時から塾説っていうけど、塾の先生の朝10時は、学校の先生の朝4時だよ。6時間ずれてるから。だから、「早い時間からお呼び立てして申し訳ない」って、一言、言ってあげてね。

 以上、今日の話、全然まとまりがない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード