大谷祥平選手、記者の質問に鋭い一球投じる

 大谷翔平選手。13日の対ツインズ戦で6回3安打11奪三振の好投。
 移籍後最多の103球を投げた。

 試合後のインタビューで。
 記者「日本では1試合に最高何球投げたのか?」
 大谷選手「携帯で調べればすぐに出ることなので、ぜひ調べていただきたい」(笑)
 記者「本人目の前にいるのだから、直接教えてくれてもいいだろう」
 大谷選手「正確には分からない。嘘は教えたくないので…」

 大谷選手の勝ち。

 質問した「フォーブス」誌のバリー・ブルーム記者と大谷選手に代わり、調べてあげた。
 2014年8月17日 対西武戦 7回149球
 2015年9月19日 対西武戦 9回139球
 2016年5月1日 対ロッテ戦 9回138球
 以上多い順に3試合。なるほど調べりゃ分かるものだ。

 大谷選手、何の悪気もなく、計算もなく、正直に思ったことを口にしたのだと思うが、マスコミや記者に対する痛烈な皮肉というか批判になっている。
 大谷選手はプロの習性として、どの試合のどんな場面で、どんなバッターにどんな投球をしたかは、詳細に記憶していることだろう。だが、日付までは覚えていない。その試合で全部で何球投げたかなど関心の外であろう。そんなことを覚えていたって何の役にも立たない。

 つまり。
 調べりゃわかること質問すんなよ。
 または、つまんない質問すんなよ。
 そういうことだ。

 私も人にインタビュー(取材)する立場だから、このことは肝に銘じなければならない。
 取材する者の心得として、というか礼儀として、一応ホームページなどはしっかり読み込んで臨むわけだが、それでも調べりゃ簡単に分かることを質問してしまうことがある。また、さして重要ではないことを質問してしまうこともある。相手はさぞ不愉快な思いをしているだろう。注意しよう。

 最近のわが国のマスコミは、自分で調べりゃ分かることをわざわざ質問するが、これは、調べる手間を省いているというより、「覚えていない」とか「記憶にない」という言質をとったり、発言と事実との矛盾を突いたりしようという魂胆が見える。下劣だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード