先生の服装が自由奔放過ぎる件

 先生の服装って自由過ぎるよね。
 生徒には厳しく指導するくせに自分らは自由奔放。

 もちろん、先生と生徒では立場が違うのだから、制服を着ろとまでは言わないが、社会人としての常識、大人の身だしなみ、っていうものを誰か教えてやってくれ。

 近年、サラリーマン社会も服装に関しては寛容になっていて、夏はスーツじゃなくていい、ネクタイもはずしていい、綿パンにスニーカーでもいい、ポロシャツもあり、という具合で、カジュアルな服装も認められるようになったが、サラリーマン諸氏は、それらは季節限定、場面限定であることを理解している。
 つまり、基本は分かっている。いつでもそこに戻れる。

 ところが、先生方の中には基本が分かっていない人が多い。
 基本って何だよ?
 と、ご不満の方には、常識と説明しておこう。

 基本が分かっていない人が、崩した着こなしをすると、ただだらしなくなる。

 私が学校の校長だったら、「うるせぇ」と思われても、ドレスコードを作るだろう。
 式と名のつく行事がある日はこう、外部から大勢のお客さんがみえる日はこう、保護者会や説明会などで父母が来校する日はこうという具合に、数パターンを決めておく。
 日々の授業は、教科の特殊性もあるだろうから、そこは緩めでもいい。

 服装なんて個人の自由。
 生徒がそれを言うなら許してやろう。
 だが、大人がそれを言っちゃいけない。相手がどう受け止めるかに考えが及ばないようでは悲しすぎる。

 だいぶ前の話になるが、私のよく知る校長(公立)は、研究協議会か何かで外部から大勢来客のある日、カジュアルな服装で出勤してきた教員に対して、「オマエ、家に帰って着替えてこい」と注意していた。これはちょっと極端な例。

 これから学校説明会などが盛んに行われる季節となるが、第一印象は大事だ。
 私は、そこに服装が大いに関係しており、先生方の服装により場の雰囲気が作られると思うので、リゾート気分全開の服装だけはやめていただきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード