FC2ブログ

サッカーは日本人向きじゃないから、勝つのは至難

 そういえば、サッカー・ワールドカップ始まってたのね。
 
 中学1年生のとき東京五輪(前回のやつ)があった。高校生に入ったら先生が「世界にはオリンピックよりすごい大会がある」とワールドカップの話をしてくれたが、「ふ~ん、そうなんだ」とさほど興味を持てなかった(自分はバレーボールだったからか)。

 大人になって、なるほど、こいつはすごい大会なんだと分かった。そのすごい大会に日本が出場するんだから、大したもんだ。

 でも、この競技は日本人向きじゃない。

 日本が勝てそうな球技。
 1 対人接触がない。
 2 道具を使う
 3 コートが狭い
 4 球が小さい(軽い)
 5 個人

 対人接触がある球技は体格に劣る日本人に不利だ。球が小さくて、コートが狭いと、体格の不利を補える。道具を使うのは手先の器用な日本人に向いている。道具の技術開発は得意だ。
 上記の条件に当てはまるのは、バドミントン・卓球・テニス。対人競技ではないがゴルフもだいたい当てはまる。ただしコースが長いのが難点。

 日本が勝てそうもない球技。
 これは、勝てそうな球技の反対の要素をもつもの。
 サッカー・ラグビー・バスケット・ハンドボール・バレーボール

 この中でバレーボールは対人接触がない。ただし高いネットがある。バスケットは球が重く、ゴールが高い所にある。体重別ならぬ身長別が導入されれば勝ち目はある。
 半分格闘技みたいなラグビーやアメフトは苦しい。サッカーはそこまでじゃないが、ぶつかるのありだからやはり苦しい。コートが狭くて、球が小さくて軽いフットサルなら何とかなるかもしれない。

 現行ルールの中で勝機を見出すとしたら、球よりも早く走るとか、90分間動きを止めないとか、走力にかけることかな。


 関連記事:2016年3月5日付
 子供が大人に勝てる卓球。ここにヒントがありそう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード