FC2ブログ

さあ夏だ、ブルーオーシャンを探そう

 20180713海

 青い海。
 ブルーオーシャンのお話。

 ご存知の方も多いと思うが、ブルーオーシャンとはマーケティング用語で競争のない市場。
 これに対し、競争の激しい市場はレッドオーシャン。血で血を洗う激しい競争の世界。

 ブルーオーシャンは、誰もいない海だから、新たに生み出した価値が人々に受け入れられたら、一人勝ちとなる。 
 さあ、ブルーオーシャンを探そう。

 ブルーオーシャンの教科書では、何かを「増やす」「付け加える」と同時に、「減らす」「取り除く」ことにより、高付加価値と低コストを実現するものだと教えている。
 「増やす」「付け加える」で高付加価値を実現。
 「減らす」「取り除く」で低コストを実現。
 両立は難しそうだ。

 ブルーオーシャンの事例で取り上げられる「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、斜陽と言われたサーカス業界で成功を収めた。
 「取り除く」=動物を使わない
 「付け加える」=芸術性・テーマ性

 動物が出てこないなんて、それじゃサーカスって言えないでしょ。たぶん、みんな最初はそう思った。
 でも、動物見たいなら動物園行けばいいでしょう。なるほど、それもそうだ。
 子供じゃなく、大人相手にしましょう。
 ちょっと待って、昔からサーカスは子供が見るもんでしょう。
 だから、われわれは大人向けにしましょう。
 大人が満足する高い芸術性とパフォーマンスで勝負しましょう。
 かくして、サーカスから始まり、サーカスを超えた新しいエンタテインメントが誕生、といったところか。
 
 ブルーオーシャン戦略は万能ではない。競争回避でもない。
 誰かがブルーオーシャンを発見すると、必ず追随する者が現れる。つまり新規参入は阻止できず、やがてブルーオーシャンはレッドオーシャンになる。競争優位を持続するには、レッドオーシャンでも勝ち抜けるだけの体力と知恵が必要だ。


 と、ここまで書いてきて思ったのだが、塾業界(特に個人塾業界)の方々は、もう少し「取り除く」を考えたほうがいいかもしれない。
 いろんなサービスやり過ぎでしょう。大手がやってるから、他もやってるからと、商品ありすぎサービス過剰。
 もちろん、それが価値を生み出し(ということは売り上げが上がり)、かつ低コストを実現していれば何の問題もないのだが、そうでないならば、「取り除く」あるいは「減らす」発想に立ち、その分、新しいことを「増やす」「付け加える」方向を模索したらどうか。
 きっとどこかにブルーオーシャンはある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード