FC2ブログ

出会っただけでは何も始まらない。大事なのはその後のストーリー

 彩の国進学フェア2日間で、いろいろな人と名刺交換した。
 もらった名刺はそのうち要らなくなるので処分した。が、念のため、「Wantedly people」というスマホ・アプリに入れておいた。パシッとカメラで撮るだけだから。

 名刺管理は意味がないと以前にも書いた。
 1割か2割の人とは、その後(名刺交換した後)、改めて会ったり、携帯やメールで連絡を取り合うようになる。するともう名刺は不要になる。残り8割か9割の人とは、その後、何も起こらない。すると名刺は不要になる。どちらに転んでも不要な紙くずになる運命だ。いちいち整理するのは時間の無駄だ。バカのやること。

 名刺は出会いの証だ。
 だが、出会っただけでは何も起こらない。どちらかが、アクションを起こし、そこから物語が始まる。

 と、ここまで書けば、察しのいい先生方はもうお分かりだろう。
 2日間のフェアで、何組の親子と面談したかというのは、何枚名刺配ったかというのと同じことだ。出会っただけでは何も起こらない。まだ、物語は始まってはいませんよ。
 ましてや通りすがりに無理やりパンフを手渡したなんていうのは、駅前で配るポケットテッシュほどの効果しかない。

 事前にホームページで、「ぜひお越しください」とか書いておきながら、今日のホームページに「お越しいただいた皆様ありがとう」のお礼の言葉さえない学校が多いこと。私立高校は、もう5月ごろからこの手の合同説明会やフェアに出まくりなんだが、公立高校にとっては、数少ない機会なのだから、そのくらいはやって欲しいね。

 私がサラリーマンで営業をやっていたとき、その会社では、名刺交換した人にはその日のうちに礼状を書くことが義務付けられていた。今ならメールかもしれないが、昔のことだ。出会いそれ自体には意味はなく、出会いに意味を持たせるのはその後の行動である。

 皆さんもその場で意気投合して盛り上がっても結局それっきりだったという経験あるでしょ。その後のストーリーなんですよ。物語を始めてください。


 20180723大宮商業
 大宮商業ブースで見かけた貼り紙。「スピーディーブース たくさんのブースを回りたいあなたにおススメです。1分55秒で宮商の基本が分かる」。すぐ終わるから、ちょっとだけでも聞いてってというわけだ。。募集に苦戦する商業高校の、いわば「弱者の戦術」だが、何とかしなきゃという先生方の気持ちは伝わってくる。それと、普通なら3分と言いたいところだが、1分55秒としたところにセンスを感じる。頑張ってくれ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード