FC2ブログ

先生の思いは、なかなか生徒には伝わらんね

 平成30年度全国学力・学習状況調査(4月17日実施)の結果が7月31日、発表された。昨年(8月28日発表)より1か月早いのは、2学期からの指導に生かせるようにということだ。
 やれば出来るじゃないか文科省。
 上司は出会い系通いや接待など夜の仕事に忙しいが、やるやつはやってる。

 とにかくデータ盛りだくさんで、ネタの宝庫。当分困らないぞ。
 都道府県別正答率も気になるところだが、他でもさんざんやっているので、別のアプローチだ。
 
 先生の思いは、なかなか生徒に伝わらんね、という話。
 (以下、中学校調査のデータである)

 学校質問紙に次のような質問がある。
 (29)調査対象学年の生徒に対して、前年度までに、学校生活の中で、生徒一人一人のよい点や可能性を見付け評価する(褒めるなど)取組をどの程度行ったか。
 ①よく行った        55.5%
 ②どちらかというと、行った 42.2%
 ③あまり行っていない    2.2%
 ④全く行っていない     0.0%
 その他             0.1%
 学校側は①②合わせて97.7%が「褒める指導」を行ったと答えている。

 一方、生徒質問紙には次のような質問がある。
(2)先生は、あなたのよいところを認めてくれていると思う
 ①当てはまる 32.4%
 ②どちらかといえば、当てはまる 49.6%
 ③どちらかといえば、当てはまらない 13.7%
 ④当てはまらない 4.3%
 生徒側は①②合わせて82.0%が、「先生はよいところを認めてくれている」と答えている。

 先生:よい点を評価している 97.7%
 生徒:よい点を認めてもらっている 82.0%
 その差、約15%。なおかつ生徒の18.1%が認めてもらっていないと思っている。
 グラフにするとこんな感じになる。
 20180801全国学テ2
 20180801全国学テ1

 自分が考えるほど、相手には気持ちが伝わっていない。
 これは世の中どこにでもある話だ。
 親子関係でもそう。
 学校や塾における上司と部下の関係でもそう。

 先生の側に「思い」があることは分かったから、あとは伝える技術だ。 コミュニケーション力と言ってもいいかな。
 
 言葉で伝える。
 態度や行動で伝える。
 100%伝わることはないし、時には誤って伝わってしまうことだってあると思うが、引き続きいろいろな方法を試みてほしい。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード