FC2ブログ

栄北、新校長のプレゼンはどうだったか

 20180907栄北塾説

 栄北高校塾説明会。
 
 前回訪問は2017年9月8日だから、ちょうど1年ぶりだ。
 その時の訪問記がコチラ。未読の方はぜひ。
 ↓
 なんだか地味だな栄北 でも意外な実績

 今日の私のテーマは、今年4月に就任した「小暮優治校長の話を聞いてみよう」。
 すでに別の場所で何度か顔を合わせているのだが、どんな説明(プレゼン)をするのか見てみたい。

 公立出身校長は失礼ながら「プレゼン下手」が多い。
 小暮校長も3月まで県立春日部女子高校の校長という経歴なので、ちょっと不安を持っていたが、結論を言えば私の評価は「◎」。これでいい。
 って、いつもながら偉そうだな。

 別に人の話に何でもかんでも注文をつけようというわけではない。
 儀式における式辞や挨拶、全校集会での訓話、パーティーでのスピーチ、職員会議での訓示等々。校長ともなれば、人前で話す機会が一般教員に比べ、はるかに多いわけであるが、私の関心事は、生徒募集に関わる説明会におけるプレゼンただ一つである。それ以外について論評する立場ではない。

 高評価の理由。
 1 挨拶だけじゃない
 2 自慢話じゃない
 3 スライドの説明じゃない


 一つずつ解説しよう。

 公立校長(又は公立出身校長)には、「校長挨拶」っていうと、ホントに挨拶しかしない人がいる。「本日はお忙しい中、ようこそお越しいただきました。詳しい説明は係の者がいたします」って、アホじゃねえか。
 人呼んどいて、下々の者に任せるってのが、どんなに失礼か分かってんの? 
 募集担当者とはこれから先、何度だって会えるけど、校長と会えるのはこの1回だけ。なんだから、校長の熱い想いを聞かせてよ。学校づくりにかける情熱を示してよ。
 その点、今日はただのご挨拶になっていなかったのでマル。

 公立時代の自慢話をする人がいる。
 「私がこの学校を変える」って、バカも休み休み言え。
 私立じゃ初心者だってこと忘れんなよ。
 自慢するなら、自分じゃなくて教員でしょ、生徒でしょ。
 その点、今日は「うちの学校の先生は死ぬほど頑張っている」と言っていたからマル。

 説明会だと思って、スライドを説明しちゃう人がいる。 
 これは私も年中失敗しているところだ。
 資料もうまく使えば効果的だけど、そちらに気を取られると、話し手と聞き手のコミュニケーションがどこかに飛んでしまう。
 その点、今日は話が主、スライドが従になっていたのでマル。

 校長の次に出てきた進路指導の先生の話の中に、わが校は現役進学率が高いというのがあったが、その証拠として示されたのが弊社発行の「埼玉県公私立高校進学ガイド」の中にあるデータ。何と本の写真入り登場。
 本の宣伝をしてくれたので花マル。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード