FC2ブログ

さすが進学校・越谷北の授業は全員予習済み

20180925越谷北英語授業

  県立越谷北高校で英語の授業を見てきた。

 「よみうり進学メディア」の取材なのだが、理数科があってSSH指定校の越谷北のことだから、てっきり数学か理科を推薦してくると思いきや、意表を突いて英語で来た。
 そうか。尾城一幸校長、総合力の高さを売り込もうという魂胆か。
 そりゃ、国公立100人に届こうかという学校だ。どの教科にだってエース級が目白押しだろう。

 で、そんな中、今日見学したのは教員歴7年目、塩野谷淳先生の授業だ。同校が初任で7年目ということは計算上30歳前後となるが、実際は38歳。大学卒業後、サラリーマン(専門商社)を経て、この道に入った。今や定年も実質65歳に延びた時代だ。回り道はプラスにこそなれ、決してマイナスになることはあるまい。

 2年生理系の「コミュニケーション英語」。同校普通科は2年次から1クラス35人編成となる。
 授業スタイルは、いま流行りのアクティブではなく伝統的な講義形式。
 なのだが、自作の映像(動画あり)を駆使したスピーディーな展開で、生徒のノリも良いので生き生きした授業になっている。
 ハイスピード授業が可能なのは、全員が予習をしてきているせいもある。進学校はこうでなくては。

 Keynoteとimovieを使った教材は、手の込んだもので、笑いを取るような画像もさりげなく差し込まれている。あくまでもサラッと。
 私もパワポやアイムービーで資料を作るが、手間がかかるんだよ。経験者として言えるが、相当時間をかけている。勤務時間内で作れるのか。大丈夫か「働き方改革」。
 などと、余計な心配をしてみる。
 しかし、授業の成否は教材研究の段階で決まっているからね。教員やってる限り、永遠に続く苦しみだ。

 塩野谷先生は、外務省(もしかしたら文科省)が行っている「日本人若手英語教員米国派遣」(事業名、正確かどうか)に選ばれ、米国で研修を受けた経験もある。オールイングリッシュで授業できるんだろうけど、今日は日本語も多かった。私は助かった。全部英語でやられたら記事書けない。

 授業後、インタビューしたが、逆にいろいろ質問された。こういう若手はこわいよ。もちろん、いい意味だけど。
 この貪欲さ。
 己の授業力向上にかける意気込みがひしひしと伝わってくる。

 そういえば、校長はじめ他の英語の先生4~5人もずっと後ろで授業を参観していた。どういう経緯でそうなったかは聞きそびれたが、この雰囲気もいい。「他人の授業を見て」、「自分の授業を見せて」、先生は伸びて行く。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

公立高校の授業見学とか学校説明とか聞いてみたいですよね。
せっかくいい授業をやっていても、なかなか伝わらないのがもったいない…

塾と公立の学校は、同じ目的のために存在しているのに…なんで、といつも思います。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード