FC2ブログ

先生は朝から残業してるんだけど、みんなそれ知ってるかな

 「民間って9時始業か。ずいぶんゆっくりだな」 
 そう思ったのは、高校教員(公立)を辞めて民間サラリーマンに転じたときだった。

 9時始業と言っても実際には10分、20分前には着いているし、通勤時間も長くなったので、家を出る時刻はそれほど変わらなかったが、教員時代に比べればずいぶんゆっくりという印象だった。

 ちなみに、文部科学省の「教員勤務実態調査(平成28年度)」によれば、教員の通勤時間は、下の表及びグラフのとおりだ。

■教員の通勤時間・表
20180928通勤時間 表

■教員の通勤時間・グラフ
20180928通勤時間小学校グラフ
20180928通勤時間中学校グラフ

 通勤時間30分以内が、小学校で71.1%、中学校で67.8%であるから、埼玉県から都内に通うサラリーマンに比べれば、まあ恵まれていると言えるだろう。

 ただし、学校の朝は早い。
 生徒の登校時間が8時30分とすれば、教員はその前に職員朝会(打ち合わせ)があるから8時20分が勤務開始時間となる。
 では、8時20分に出勤すればいいか。
 まさか。

 生徒は8時前から来るんだよ。
 生徒より遅くというわけに行かんだろう。保護者からの電話も入って来るし。
 加えて、朝補講あり、部活の朝練あり、登校指導あり、というわけだから、実際には7時半ぐらいには出勤し業務開始となるわけである。 冒頭、民間はゆっくりの話はここから来ている。

 もう一つ、民間に転じて驚いたこと。
 「えっ、昼休み? 何それ」 
 12時になると仕事場を離れて昼飯を食いに行く。この時間帯は常識として電話もかけないし、かかっても来ない(ケータイのない時代です)。
 教員時代には考えられなかった完全なオフタイム。

 昼休みが完全な休憩時間になる教員なんて日本中にいないよ。給食指導だってあるし。
 で、さすがにこれじゃまずいから、その分を勤務時間の後ろにくっつけて帳尻合わせしているわけだが、それじゃ、休憩の意味ねえだろうって話。

 残業っていうと、世間の人は放課後を思い浮かべるだろうが、教員はすでに朝のうちに早出残業しちゃってるわけね。で、休憩なし。休憩っていうのは、仕事と仕事の合間にあるから休憩なんだよ。

 教員の働き方が議論されるとき、朝と昼の話が抜けてるような気がしたので、一応書いておいた。

コメントの投稿

非公開コメント

所謂

時間外労働ですね。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード