FC2ブログ

教員の意識改革求めるなら、校長自身が変わらないと

 当ブログの読者には公立の管理職の方もいる模様である。
 今日は、主としてその方たちを想定して書きますよ。

 皆さんからよく聞く言葉。
 「教員の意識改革が必要だ」。
 私はそれを聞いて心の中で言っている。
 「お前もな」。

 自分の意識だってそう簡単には変えられないのに、他人の意識が変えられるか。
 「無理に決まってんだろう」。
 ただ、自分の意識を変えれば、他人が今までとは違って見えるかもしれない。
 「あいつ、ああ見えて結構考えてるんだ」。

 意識なんて心の中の問題なんだから、自分で変えようと思えば変えられるんじゃないか。
 「いや、意思では変えられませんよ」。

 たとえば、生きるか死ぬかの体験をしたら変わるかもしれない。大病を患ったら変わるかもしれない。ただ、そんなことは滅多にないし、あってほしくない。

 よく立場が人を変えると言う。
 「あなたの今の意識は、立場がそうさせたんですよ。意識が変わったから校長・教頭になれたんじゃなく、校長・教頭になったから意識が変わったんじゃないですか?」。
 私は校長にも教頭にもなったことはないが、想像すればそういうことだ。

 問題を問題だと認識してないやつに問題だと気づかせてやるには、問題に直面させてやるしかないでしょう。そうすりゃ、よほどのバカじゃない限り気づくはず。バカじゃ教員になれないから、要するに誰でも気づくということ。

 実際にその仕事につけてやる。責任ある立場に置いてやる。意識改革には、そのような人事的な、あるいは組織論的なアプローチのほうが有効ではないかと考えるわけである。

 下向きのコップという話がある。
 あいつはダメだ。使いもんにならん。これが下向きのコップ状態。これじゃ、一滴の水も入ってこない。
 そこで、とりあえずコップを上向きにして待つ。そうすると、ジャバジャバというわけにはいかないが、チョロチョロぐらいには入ってくるかもしれない。
 あの野郎、意識が低い、問題意識がなさすぎと言う前に、管理職はコップを上向きにして待ったら、という話である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「この学校、活気あるなあ」と思うところは、やはり校長先生がリーダーシップをとって頑張っていらっしゃる学校が多いですよね。

組織はトップできまる、私も肝に銘じないといけませんね。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード