FC2ブログ

「勉強しなさい」を仕掛けで解決する

 昨日のブログで、「(課題は)言葉や精神論ではなく、制度・仕組み・仕掛けで解決しましょう」と書いたわけである。
 が、私は言葉の力を信じないわけではない。
 言葉の力を信じなければ、新聞に原稿を書くことも出来ないし、講演や研修で話すこともできないし、このブログだって書くことができない。

 たとえば「勉強しなさい」あるいはその言い換えは、一定の効力はあるだろう。だから、これらも並行して使いながら、制度・仕組み・仕掛けを工夫して、子供たちを勉強に向かわせようではないかということだ。

 「酒を飲んで車を運転しないようにしましょう」。
 言葉で言ってもあまり効果がなかったので、法律を変えて罰則を厳しくした。酒を飲ませた店や一緒に飲んだ連中も同罪だぞ。免許は即座に取り上げるぞ。これは効果があった。制度を変えたってことかな。
 呼気にアルコールを検知するとエンジンが始動しない車も開発されているようだ。啓蒙活動でもない、法改正でもない、仕掛けによる解決を目指すものと言っていいだろう。

 以前、講演に行った某塾では、壁にこんな掲示が。
 20181009焼肉

 食い物で釣るのかなどと堅いことは言いっこなしだ。
 今どきの生徒が焼肉目当てに勉強なんかするものか。
 全員で目標クリアして焼肉食いに行こうぜ。頑張ったらご褒美やるぜ。これも一種の仕掛けかな。ゲーム感覚を取り入れてるってことだろう。
 焼肉の次は回転ずしにしてもらおうか。

 自習室や自習コーナーを作るなんていうのも仕掛けと言っていいだろう。「やりたい人はどうぞ」の方が、「自学自習しろ」よりも効果があるかもしれない。

 親がくだらんテレビ番組見てバカ笑いしてるようじゃ、どんな言葉も効果はないぞ。どころか逆効果だ。反面教師にしてくれればいいがな。
 
 言葉だけで「勉強しなさい」なんて言ってるうちはプロとは言えない。
 ご褒美作戦。ゲーム感覚。
 不謹慎だ、邪道だという批判を恐れず、いろいろな仕掛け試みていただきたい。要は、子供が勉強に向き合うようになってくれればいいわけだよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード