FC2ブログ

川口北はいつも通り元気いっぱい

 20181015見沼通船堀
 国・指定史跡 見沼通船堀(東浦和駅から川口北への通学路の一つ)

 県立川口北に行ってきた。(「よみうり進学メディア」取材)
 このブログにも何度か書いたように、かつての勤務校である。

 川口の学校だが、最寄り駅は武蔵野線「東浦和駅」だ。
 駅を降りて左に行くと浦和明の星女子、右に行くと川口北。

 40年前。
 「いいか。駅で会っても『先生!』とか言うんじゃないぞ。特に女子高生の前では」
 「何でですか?」
 「決まってんだろう。俺たちまで軽蔑されるからだよ」
 なんてことを言っても、「あの人たち、歩きながら勉強して危ないですよね」と心配したり、「先生もいろいろ大変ですね」といたわってくれたりで、ひがんだり落ち込んだりとは無縁の子たちだった。

 その川口北も今や国公立合格者50人を数える進学校だ。
 東大こそ出ないが、旧帝大や一橋・東工大にはポツポツと合格者が出るような状況。
 入学時のレベルで言うと、蕨や浦和西あたりが競合校か。
 浦和西は自由な校風で人気だが、川口北は硬派路線だ。

 グランドで体育の授業が行われていたが、思わず「部活か!」と突っ込みたくなるような気合の入り方。
 来校者と見るや、ランニングしながら「こんにちは」と威勢のいい挨拶。「おいおい、授業中はいいんじゃないか」
 そういう雰囲気の学校。

 部活をやりたい生徒が多いし、学校としてもそれを後押ししたい。
 55分授業、隔週土曜日授業なども、部活への影響を最小限に抑えつつ、授業時間も確保しようというものだ。

 面談は年5~6回行われる。
 その昔、私がいたころは年2回「対話週間」というのがあった。初代校長からは「面談じゃない、対話だ」ときつく言われた。今も「対話月間」があるのは、その名残りだろう。
 加えて三代前の田村和夫校長以来、「校長面談」が進路指導の一環として行われている。夏休み前に3年、夏休みに2年、その後1年と続く全校生徒1200人との面談は多忙な校長先生にとって大きな負担だ。校長室の予定表には、朝・昼休み・放課後と面談予定がビッシリ。身体壊さないようにね。

 部活や行事に費やすエネルギーをもっと勉強に向けれればという意見もあるが、それでは「川口北らしさ」が失われる。
 創業期のメンバーの一人としては、「らしさ」のなくなった川口北は見たくない。

 

コメントの投稿

非公開コメント

 いい子の学校 行かせたいとは思わなかった。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード