FC2ブログ

日本陸連は即刻、駅伝競技規則を見直したほうがいい

 昨日行われた全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会(プリンセス駅伝)において、岩谷産業の第2区ランナー・飯田怜選手が中継所300m手前で転倒骨折し、残り200mを這ってタスキを渡すというアクシデントがあった。

 テレビ的には、いわゆる「おいしい映像」ってやつなんだろうが、止めてやらないといかんね。

 監督は運営側に対し、二度にわたり棄権要請したという。当然でしょう。
 しかし、役員サイドは本人の「もう少し走らせてほしい」という意思を受けて続行させたという。そりゃ、意識が少しでも残ってりゃ選手はそう言うに決まってる。

 強制終了させる方法はないのか。
 日本陸連の競技規則を見てみる。

 日本陸上競技連盟駅伝競走基準 第5条 走行
 2 競技者が走行不能となった場合、即ち、歩いたり、立ち止まったり、倒れた状態になったときは、役員、チーム関係者等によって、道路の左端に移動させなければならない。その後、続行させるかどうかは審判長、医師(医務員)の判断による。

 審判長、医師の判断によるか。う~ん、どうも曖昧だな。
 こうしたケースは、監督や本人の意志に関係なく棄権とみなすでいいんじゃないか。すなわち強制終了。

 昨日は実業団の大会だったが、この競技規則は全国高校駅伝や全国中学駅伝でも適用されるというじゃないか(もしかしたら大会ローカルルールの中には止めさせる規定があるかもしれないが、そこまで調べられなかった)。
 大事に至る前に、即刻ルール改正したほうがいい。

 これから学校はマラソン大会シーズンだ。
 サボろうとする生徒が結構いるものだから、出場に関しても走行に関しても厳しい指導になりがちだが、事故が起きてからでは遅いから、強制終了の措置も決めておいたほうがいい。

 と、ここまで書いてきてから、この話前に書いたのと一緒じゃないかと気がついた。しかも今年の始め。もう忘れてる。

 頑張る子の指導を忘れてはいけない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード