FC2ブログ

公立入試の国語は何番から始めるのがいいか

 埼玉県の塾の先生方に質問。
 「公立入試の国語の問題は何番からやるように指導していますか?」

 私の結論を先に言っておくと、「大問2の漢字や文法を真っ先に片付けなさい」でいいと思う。
 理由は、いくら物語文(小説)と言ったって、緊張する1時間目の試験で、内容がスラスラ頭に入って来ないでしょう、だから、割と簡単なところでウォーミングアップして、それから長文に入っていったほうがいいから。

 ちなみに、東京都や神奈川県、栃木県は大問1「漢字の読み書き」から始まる構成。千葉県も冒頭のリスニングの次は漢字。つまり、数学の問題が秒速で解ける簡単な計算問題から始まるのと同じ。

 それにしても、なぜ埼玉県は大問2に漢字を持ってくるんだろうね。
 解く順番は自由ですということなんだろうが、2年前、理科・社会の試験時間を40分から50分に延長したとき、後半の問題ほど正答率が悪いからとか言ってなかったか? その考え方の元にあるのは、放っておけば受験生は頭から順番に問題を解いて行く習慣があるということなんじゃないかな。

 とりあえず埼玉県教育委員会には、国語の大問1には、現在は大問2となっている漢字の読み書き等を持ってきてあげてくださいと要望しておこう。
 数学だって、大問1に証明問題は持ってきてないでしょ。英語もリスニングの次は、やや短い方の読解問題、理科もいきなり実験・観察問題じゃなくて知識中心の問題からとなっているから、それに合わせれば、大問1と大問2の順番は入れ替えてあげたほうがいい。その方が受験生に優しいと思うけどね。

 で、話を戻すと、まだ目が慣れていなくて、身体(というか頭)も温まってない状態で、ハードな長文問題に入って行くより、漢字や文法で目と頭をならしてからの方がいいのではないか。

 まあ、この手の話では、いろんな見解があって、どれが正しいとは言えないわけだが、塾の先生方は日ごろどんな指導をされてるんだろうと思ったので、ちょっと書いてみた。

コメントの投稿

非公開コメント

大学受験 国語も同じです。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード