FC2ブログ

パソコン使えない大臣のことをどう考えるか

 桜田さんはパソコン使わんのか。
 桜田義孝国務大臣。五輪担当兼サイバーセキュリティ担当。
 1949年(昭和24年)生まれというから私より2歳年上だ。まあこの世代だったら、そういう人がいても不思議ではないが、サイバーセキュリティ担当大臣というのは、ほとんどギャグだな。

 先月だったか、日立製作所会長の中西宏明氏が経団連会長に就任し、執務室にパソコンが設置されたと話題になった。
 えっ、今まで無かったのかよ。
 
 もっとも、こういう方たちは自分で何でもやる必要はない。周りには有能なスタッフが揃っているからね。パソコンやスマホができなくても、車の運転ができなくても、ぜーんぜん問題ない。
 エライ人の役割は、有能な部下やスタッフを使いこなすことだ。

 そこへ行くと、私なんぞはしがない個人事業主で、代わりにメール打ってくれる人も、車を運転してくれる人も、コピーとってくれる人も、誰もいないから、全部自分でやらなくてはいけない。上達するわけだよ。

 桜田大臣のことを、今どきパソコンも出来ないのかよとバカにする人もいると思うが、見方を変えれば、パソコンもできないのに大臣になれた人ということだからね。これも立派なことだよ。
 と、これはまあ、半分皮肉で言っているわけだが、この視点も忘れてはいけない。

 今でもパソコン打てない、メール使えない、フェースブックもツイッターもラインもやらないという人は大勢いるでしょ。
 情報リテラシーというかコンピュータリテラシーの高い人(自分でそう思っている人)から見れば、何と時代遅れなとなるだろうが、自分たちも所詮は、誰かが開発し製造した便利な道具を使っているだけだということに気づかなくちゃいけない。
 真っ先にAIに仕事を奪われるのは、むしろ、そういう人たちなんじゃないの?

 いま学校では、パソコンやタブレットの使い方を盛んに教えている。
 社会に出てから使えるかもしれない技術だから、それはいいでしょう。でも、それが能力かというと、ちょっと違うような気がするな。

 パソコンやタブレットが使えなくても大臣や社長になれる人、あるいは別の形で社会貢献できる人というのはいるもので、そういう人になるには、別の能力を身につけ鍛えて行かなければならない。
 流行りのICT教育に踊らされてばかりではいかんぞということだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード