FC2ブログ

きれいなノートを作って勉強した気になってる子はいないかな

 以下は、弊社発行「埼玉県公私立高校進学ガイド2019版」の中の、「基礎からわかる高校入試」からの転載である。

 成績を上げたかったら、今すぐノート作りをやめることだ

 見た目に美しいノートを作ることに熱心な子がいる。
 学校で書いたノートをわざわざ清書したり、参考書などを見ながらまとめのノートを作ったり、とにかくノートがきれいに出来れば満足で、しかも、これが立派な勉強だと思っている。

 筆者は教員時代、「ノート作りに時間をかけるな」と、何度注意したことだろう。そういう子は例外なく成績が伸びないのである。
 伸びない理由は明白だ。それは単なる作業だからだ。時間をかけてノート作りという作業をしているだけだからだ。

 「うちの子、時間だけはやっているのに全然成績が伸びないんです」などと、親から相談を受けるが、当たり前の話だ。どんなに 長時間やっても、単純作業で成績を伸ばすことはできない。
 成績を上げたいなら今すぐ、意味のない作業をやめるべきだ。
 
 「でも、やらないよりやった方がいいんじゃないですか」 
 このセリフ、大人も結構使う。意味のないことは止めろと言っているのに、やった方がいいとはどういうことだ。人の言っていることが全然理解できていない。頭の良くない証拠だ。

 「ノートを整理すれば、頭の中も整理できるんじゃないですか」
 話の順序が逆だろう。頭の中を整理して、その結果をノートに書くなら別だが、ノートをきれいに書いても、頭は整理できない。

 「書いているうちに覚えるということもあるんじゃないですか」
 なるほど、もっともそうだ。いつの間にか自然に覚えてしまうこともあるだろう。学校のノートを清書するという、ほとんど頭を使わない作業であっても、少しは記憶に残るかもしれない。だが、長い時間をかけて、結果として少しは覚えていたという程度でいいのか。受験勉強がその程度のものでいいのかという話だ。

 というわけで、繰り返し言うが、ノート作りは意味がない。
 君たちは今、意味のない作業に膨大な時間をかけられる状況ではない。
 ノートは自分自身が読めて、理解出来れば十分なのだから、改めて清書する必要はない。ノート作りに費やす時間を問題練習にあてたほうがいい。

 一度ノートを整理してから問題集でもよさそうに思えるが、なにせ時間がない。入試は3年後ではなく半年後だ。のんびりと作業にいそしんでいる場合ではないはずだ。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード