FC2ブログ

再度、求む強力なパートナー(お手伝いじゃなく)

 はるか遠い記憶だが、クリスマスになると庭のモミの木を掘り出してきて、そこに飾り付けをしていたな。終わったらまた元に埋め戻す。そのうち木が育ち過ぎて、掘り出すのも家の中に運び込むのも困難ということになって、この習慣は終わった。
(クリスマスで思い出したので、書いておいた)


 さて本題。
 一昨日、「問題予想やろうぜ」と書いたら、さっそく協力したいと名乗りを上げてきた塾長がいた。
 はい、その反応(リアクション)の速さが大事です。個人塾の塾長なら上司や本部の許可は不要で、自分さえ決心すればいいのだからスピードで勝負。では、やりましょう。

 連休明けたら連絡しますが、それまでに考えておいてほしいこと。

 「自分も手伝いたい。何か自分にできることがあったら言ってほしい」
 こんな内容のメッセージが届いたわけだが、私は手伝ってくれとは言っていない。欲しいのは強力なパートナーだと言っている。
 重要なことなのでもう1回。「欲しいのは強力なパートナー」。

 あなたは「何をしたいのですか?」、「何ができるのですか?」、「どんなアイディアを実現したいと思っているのですか?」。
 そこです。
 私の言う「強力なパートナー」とは、そういう思いを持ってる人。

 思いは持っていても実現できていないことってありますね。
 それを、私と組むことによって実現できるかもしれない。
 なんて言うと、「何を偉そうに」と思う人もいるはずだが、そう思う人は、独力でやるか、もっと有能でパワフルなパートナーと組めばいいじゃないですか。

 連絡をくれた塾長さんも、きっとやりたいことがあるんでしょう。アイディアも持っているんでしょう。ただ、年長者に配慮して「お手伝いさせてください」とへりくだっている。

 来週。さっそくアイディアをぶつけ合いましょう。

 今日の動画「読書10冊でスタートライン」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード