FC2ブログ

今年取り組むべきテーマを考えておくとするか

 昨年初っ端のブログで「先生の働き方を考える1年にしてみよう」と書いた。
 そう言えばそうだった。すっかり忘れていた。
 しかし、忘れたのは書いた日付であって、働き方テーマのブログは昨年1年を通して何本も書いている。まあまあ、だな。

 では今年はどうする。何を考える?

 先生の働き方は、労働問題であるだけでなく、学校のあり方や教育のあり方と密接に関わってくる問題なので、引き続き主要テーマの一つとなるだろう。

 差し迫ったテーマとしては、大学入試改革や新学習指導要領がある。
 「大学入試が変われば高校教育が変わる」
 いや、変わらんよ。と言うか、軽々に変えてはいかんのだよ。
 入試は生徒(学生)募集の手段、方法論であって、教育そのものではない。
 「大学教育が変われば高校教育が変わる」
 うん。それならいい。
 というのが私の立場なので、それに沿って書くことになるだろう。

 新学習指導要領は小学校から順次、実行に移されていく。
 道徳、外国語科(英語)、プログラミング教育などが焦点か。

 学習指導要領は、世間の人々が考えているほど具体性のあるものではないので、各学校・各先生は、教育課程の編成や指導計画の作成に悩まれるだろう。
 特にプログラミング教育などは、「プログラミング」という新しい教科が出来るわけではなく、各教科の指導の中で適切に教えなさいというだけなので、どの学年の、どの教科で、何をどう教えるかは、各学校が決めなければならない。

 何となく「うやむや」、と言うか、中途半端に終わりそうな予感もあるが、22世紀も生きる可能性が高い世代にとって、必要な知識だろう。
 という立場から、考えてみよう。

 「働き方改革」「大学入試改革」「新学習指導要領」
 あと何だろう?

 やはり「少子高齢化」だろうね。
 すでに始まってるが、さらに加速する。
 10年、20年先を見据えて、いま何をすべきか。
 今年はこれについて書く機会が増えるだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード