FC2ブログ

後を追う者の有利と不利

 年が明け、中高入試は本番モードへ。
 よく「忙しくなりますね」と言われるが、私のような仕事をしている者は、本番では何もすることはない。暇ではないが、忙しさという点では、夏から秋までがピークだ。

 埼玉県の場合、1月10日が私立中学校の入試解禁日。
 私立中学入試市場は必ずしも順調に拡大しているとは言えず、県内私立中学校30校のうち募集定員を満たしているのは6~7校というのが、ここ数年の実情だ。
 
 ただ、これは止むを得ない。
 30校中、平成15年以降創立が7校、20年以降創立が8校、つまり半数が10~15年の歴史しかないのだ。
 着々と進学実績をあげ県内私立をリードする栄東と開智は、これらの学校より10年早く中高一貫をスタートさせている。1年や2年は差のうちに入らないが、さすがに10年の差は大きい。

 10年差は、10年後に追いつけるか。

 先行者が立ち止まって待っていてくれれば可能だが、先に始める学校は、そのことが、いわば体質になっている。止まるどころか、さらにスピードを上げるだろう。
 他校はまだやっていない?
 「じゃあ、やるのは今のうちだ」。これが先行者体質。
 「じゃあ、まだいい」。これが追随者体質。「様子見体質」と言ってもいい。


 戦いの結末は明白だ。
 差は縮まるどころか、ますます開いて行くだろう。

 先行者には失敗のリスクがつきまとう。誰よりも早く失敗を経験する。
 追随者は、その失敗を回避できるが、それをメリットと考えていいかどうかは難しいところだ。
 2番手もまだ危険だ。3番手も、4番手も。

 だが、後続になればなるほど、先を行く者が切り拓き、踏み固められた道を歩むのだから、苦労は少ない。
 それに慣れてしまったら…
 ということを考えると、失敗回避を追随者のメリットとばかり言っていられなくなる。

 
 今日の動画「入試で教育は変えられるか」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード