FC2ブログ

埼玉県内私立高校入試、今日から

 20190122浦和実業入試

 本日のミッション。
 「私立高校入試風景を撮影せよ

 中学生向け入試情報紙「よみうり進学メディア」用の写真を撮るため浦和実業学園高校(さいたま市南区)へ。

 今日1月22日は埼玉県内私立の入試解禁日。ほぼすべての私立高校で入試が行われる。また、都内私立の中にも都外生用の入試を行う学校がある(都内生向けは2月10日以降)。

 私立は、さまざまな試験タイプ(単願、併願など)を設定しているが、試験日は22日~23日に集中している。その中でも解禁日である今日の受験者がもっとも多い。


 7時45分。南浦和駅到着。
 改札に案内表示を持った先生が立っていたが、説明会や相談会で何度か来ているはずなので迷う子はいないだろう。主に遅刻者などへの対応か。
 
 本日の受験者、約2700人。 
 これだけいると、学校から駅まで列が全部つながる
 線路沿いの道を15分。所々に先生の姿。受験生の安全確保と、近隣や一般歩行者への配慮。

 しかし、この学校ほど場所を教えやすい学校はないね。
 「南浦和駅西口を出たら、線路沿いの道を川口・東京方面に真っ直ぐ進んで下さい。自然に学校に着きます。以上」
 他にこのような条件(駅から真っ直ぐ進めば自然に学校に着きますよ)の学校はないかと考えたら、栄北(ニューシャトル丸山駅)、埼玉栄(西大宮駅)、栄東(東大宮駅)、花咲徳栄(花崎駅)あたりが思い浮かんだ。なぜか全部佐藤栄学園。

 高校受験なので、保護者や塾関係者の姿はほとんど見られない。中学受験だと付き添いで来た保護者への対応が一仕事なのだが、それが無い分、少しは楽だ。
 が、聞けば10人ほどの先生がインフルエンザにより戦線離脱を余儀なくされたというではないか。受験生のインフル対応はあれこれ考えておいたが、こちらは想定外だったようだ。

 公立なら、いったん全員を体育館に集合させ、点呼、諸注意。その後、試験教室に移動となるところだが、この人数だと時間のロスが多すぎる。受験生は掲示を見て、直接各自の試験教室に向かう。

 私は、試験開始前の諸注意の時間を利用して教室風景を撮影させてもらい、本日のミッション終了。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード