FC2ブログ

「子供を産まない方が問題」はどこが問題発言なのか

 今日は政治の話。

 麻生太郎副総理が、またやらかしてくれた。
 「子供を産まないほうが問題」発言。
 野党及び一部マスコミは、ほら来たと大騒ぎ。

 政治家は、自分の地元で支持者を集めてのパーティだと、ちょっと気が緩むのかな。しかし、いくら身内の会といっても、置かれた立場というものがある。そこらの新人議員とはわけが違うのだから、そのあたりはわきまえてほしいね。

 「少子高齢化問題」。
 「少子化問題」と「高齢化問題」を合わせての言い方だが、麻生副総理は、「高齢化(長生きが当たり前になったこと)」と「少子化」(子供が生まれなくなったこと)を比べると、「少子化」の方がより大きな問題だと発言したようである。または、そのように受け取られる発言をしたようである。

 ただ、どちらがより大きな問題かというと、そこは難しいところだ。
 「高齢化」が進んでも、「多子化」が維持されれば、それによって解決できることも多い。ところが、「高齢化」と「少子化」が同時進行しているから、より問題が深刻さを増している。
 
 「少子化」と「高齢化」は、別個の問題であり、解決への処方箋は異なる。どちらか一方を解決すれば、もう一方が自動的に解消するというものではない。
 保育園をたくさん作り、教育を無償化し、女性も男性も子育てと仕事が両立しやすい環境を作っても、それで「高齢化」の問題が解決されるわけではない。その逆も然り。

 そういう意味で、どちらを優先課題とするか、どちらにより大きな予算配分をするかは、非常に重要な問題であって、そういう中で、政府のナンバー2の実力者が、いかにも軽率じゃないのと、追及すべきはそこでしょう。
 
 ところが、野党及び一部マスコミは例によってというか、「生みたくても生めない人」への人権無視という方向に話を持って行こうとする。
 だからね。
 「生みたくても生めない人」のことは、「少子化」とは関係なく存在しているわけですよ。同情する人はいても、「少子化」はあなた方のせいだなんて思っている人は、世の中には一人もいませんよ。

 今回の麻生副総理発言は問題だけど、問題(化)の仕方が違っていると思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード